索引(フ)

2021/2/27

ブラックボックステストとは

テストの種類 ソフトウェア開発では、各工程にあわせて様々な種類のテストが存在します。有名なテストには「単体テスト」「結合テスト」「システムテスト」があります。 単体テスト 単体テストとは、ソフトウェア開発で作成した部品単体(モジュール)の信頼性を確認する試験のことです。単体テストでは、「ブラックボックステスト」や「ホワイトボックステスト」という手法を用いて検証します。 結合テスト 単体テストが終わると、次に実施するのが結合テストです。結合テストは、複数の部品(モジュール)を繋ぎ合わせて試験を行います。モジ ...

金のなる木

2020/8/24

プロダクトポートフォリオマネジメントとは

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM) プロダクトポートフォリオマネジメント(Product Portfolio Management:略 PPM)とは、1970年代に作られたマネジメント手法であり、経営資源を最適に配分することを目的とし、経営資源の配分バランスを分析するために利用されています。 経営資源の配分バランスを分析? 自社の事業がどの立ち位置にいるかを分析するための手法です。次の図を見てもらうとイメージがつくと思うよ。 上記図のように、縦軸に「市場成長率」、横軸に「市場占有率(シャア)」 ...

会議

2020/8/24

ブレインストーミングとは

ブレインストーミング(brainstorming) ブレインストーミング(英:brainstorming、略:ブレスト)とは、ある議題に対して検討または分析などをする際、複数人でアイデアを出し合うことでより良いアイデアを生み出すことを目的とした会議手法の一つです。 複数人で自由に意見を言い合うことで、幅広いアイデアが生まれ より創造的な発想を生み出すことが期待できる技法です。 新しい企画を生み出したい時や アイデア出しに行き詰まっている時などに、ブレインストーミングは有効的な手法です。様々な人の意見や発想 ...

2020/8/24

フェイルオーバーとは

フェイルオーバー(failover) フェイルオーバー(フェールオーバー)とは、稼働中の主系システムに障害が発生した際に、自動的に待機系のシステムに切り替わる仕組みのことです。 システムを運用する際、1つのサーバなどで運用していると そのサーバに障害が発生した場合、システムが完全に停止してしまう危険性があります。そのため、予備のサーバを準備しておき、障害発生時に主系となるサーバが正常に稼働できない場合は、予備のサーバに切り替えることができます。 フェイルオーバーは、主系と待機系の2つのサーバを用意しておき ...

機械

2020/8/24

フォールトアボイダンスとは

フォールトアボイダンス(fault avoidance) フォールトアボイダンスとは、信頼性設計の一つでなるべく障害や故障を発生させないようにする考え方です。 信頼性設計には「壊れることを前提」としている設計が多く、故障しても機能を停止することなく動作させる「フォールトトレランス」、故障時は安全性を確保した状態で機能を停止させる「フェールセーフ」、故障時には被害を最小限に抑え縮退運転で動作させる「フェールソフト」などがあります。 フォールトアボイダンスは「壊れることを前提」としている上記のような設計・思想 ...

自動車

2020/8/24

フォールトトレランスとは

フォールトトレランス(fault tolerance) フォールトトレランスの設計・思想 フォールトトレランスとは、機械やシステムの一部に問題が発生しても安全な状態を維持して動作するように制御する設計手法です。 機械やシステムは故障しないのが理想的ですが、老朽化や事故などでいつかは故障する可能性があります。そこで「故障しても耐える」という考え方がフォールトトレランスです。 例えば、自動車のランフラットタイヤ。(ランフラットタイヤとはタイヤの空気圧がゼロになっても、一定距離を走行できる)これは パンクが発生 ...

2020/8/24

フールプルーフとは

フールプルーフ(foolproof) フールプルーフとは、信頼性設計の一つで利用者が操作や取り扱い方法を誤っても危険が生じないようにする設計・思想です。 電化製品のような機器には、通常取り扱い説明書が存在しています。取り扱い説明書通りに操作していれば、誤操作は基本的には発生しません。 しかし「人は間違えることがある」「不慣れな人が扱うことがある」「そもそも取り扱い説明書を読まない人も多い」など、フールプルーフ設計は、間違えた使い方をすることを前提とし、意図しない使い方をしても故障しない、危険が生じないよう ...

飛行機

2020/8/24

フェールソフトとは

フェールソフト(fail soft) フェールソフト(フェイルソフト)とは、信頼性設計の一つで機械やシステムが故障した時、システム全体を停止するのではなく、故障個所を切り離すなど被害を最小限に抑え、システムの継続を図る設計手法です。 機械やシステムは故障しないのが理想的ですが、老朽化や事故などでいつかは故障する可能性があります。そこで、機械やシステムはいつかは故障するということを前提とし、故障時は「被害を最小限に抑え縮退運転で動作させる」という設計がフェールソフトの考え方です。   これに対して ...

信号機

2020/8/24

フェールセーフとは

フェールセーフ(fail safe) フェールセーフ(フェイルセーフ、フェイルセイフ)とは、信頼性設計の一つで機械やシステムなどが故障した時、常に安全性を確保する方向で壊れるように制御する設計手法です。 機械やシステムは故障しないのが理想的ですが、老朽化や事故などでいつかは故障する可能性があります。そこで、機械やシステムはいつかは故障するということを前提とし、故障時は「安全性を最優先」とし被害を最小限に抑えるための設計がフェースセーフの考え方です。   これに対して、故障時は故障個所を切り離すな ...

Network

2020/8/30

プロトコルとは

プロトコル(protocol) スポンサーリンク プロトコルとは プロトコルとは、対象の物事を複数の人々が使えるようにするための「ルール」のことです。 そして、プロトコルの多くは「ネットワーク上での通信」で使用されています。そのため、通信プロトコルとも呼ばれています。通信プロトコルには、通信するために必要な手順や規格が定められています。 例えば、日本語と英語では会話が成り立ちません。 I send by tcp 英語はわからない ネットワーク上での通信も会話と同じで、ルール(プロトコル)を決めることで、送 ...

© 2021 ITを分かりやすく解説