データベース

SQLとは

SQL(Structured Query Language)

SQL(エスキューエル)とは、関係データベースの管理や操作を行うことができるデータベース言語の1つです。

スポンサーリンク

関係データベースとは

関係データベース(英:relational database)とは、データを表の形で管理するデータベースのことです。リレーショナルデータベースとも呼ばれています。

システムやソフトウェア開発などでは、データベースを利用して、データをデータベースに保管して管理することが一般的です。

次の表は関係データベースのイメージ例です。表(テーブル)は行(レコード)と列(フィールド)によって形成されています。

関係データベース

この関係データベースに対して、レコードの抽出・登録・更新・削除などの操作をするための言語がSQLです。

主なSQL文

テーブルの作成(CREATE TABLE)

データベースに表(テーブル)を作成するには CREATE TABLE文を使います。

CREATE TABLEの基本構文

CREATE TABLE 表名 (
列名 データ型 オプション,
・・・
);

以下は、userテーブルを作成する例です。

カラム名 データ型 その他
id INTEGER 主キー
name VARCHAR2 (50) NULL許容しない
address VARCHAR2 (255)

CREATE TABLE user (
id INTEGER PRIMARY KEY,
name VARCHAR2 (50) not null,
address VARCHAR2 (255) null
);

テーブルの削除(DROP TABLE)

データベースの表(テーブル)を削除するには DROP TABLE文を使います。

CREATE TABLEの基本構文

DROP TABLE 表名;

以下は、userテーブルを削除する例です。

DROP TABLE user;

レコードの追加(INSERT)

表(テーブル)に新しくレコードを追加するには、INSERT文を使います。

INSERTの基本構文

INSERT INTO 表名 (列1, 列2, 列3・・・)
VALUES (値1, 値2, 値3・・・) ;

以下は、userテーブルに新規レコードを追加する例です。

データベースにデータ追加

INSERT INTO user (id, name, address) VALUES ('000005', '桜井五郎',' 沖縄県那覇市');

レコードの更新(UPDATE)

表(テーブル)のレコードを更新するには、UPDATE文を使います。

UPDATE文の基本構文

UPDATE 表名
SET 列名 = 値
WHERE 条件;

以下は、userテーブルのレコードを更新する例です。

データベースの表を変更する

UPDATE user SET address = ’東京都品川区’ WHERE id = '000001';

レコードの削除(DELETE)

表(テーブル)のレコードを削除するには、DELETE文を使います。

DELETE文の基本構文

DELETE FROM 表名
WHERE 条件;

以下は、userテーブルのレコードを削除する例です。

データベースのデータを削除

DELETE FROM user WHERE id='000003';

レコードの抽出(SELECT)

表(テーブル)から特定のレコードを抽出するには、SELECT文を使います。

SELECT文の基本構文

SELECT 列名1, 列名2・・・FROM 表名
WHERE 条件;

以下は、userテーブルからレコードを抽出する例です。

※アスタリスク(*)は全ての列という意味。

SELECT * FROM user WHERE id = '000001'


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら