SQL

【SQL】SELECT SUMの使い方(合計を求める)

【SQL】指定列の合計を求める

SQLのSUM関数を使うことで、その列の合計を求めることができます。

SUMの基本構文

SELECT  SUM(列名)  FROM  表名;

 

本記事では、SUM関数を使用した合計値を求め方について解説していきます。

また「itemテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。

【itemテーブル】

ID (id) ※PK 商品名 (name) 価格 (price) カテゴリ (category)
1 商品A 1980
2 商品B 4980 家具
3 商品C 7200 家具
4 商品D 500

合計値(SUM)の求め方

「SELECT  SUM(列名)」で、指定した列の合計値を取得することができます。

次の例では、価格 (price)の合計値を取得しています。

■合計値(SUM)の使用例

SELECT
    SUM(price)
FROM
    item;

■実行結果

+------------+
| SUM(price) |
+------------+
|      14660 |
+------------+
1 row in set (0.00 sec)

グループ(GROUP BY)ごとの合計値(SUM)を求める

GROUP BY句を用いてグループ化することで、グループごとの合計値を求めることができます。

次の例では、カテゴリ (category)でグループ化し、カテゴリごとの合計を求めています。

■GROUP BYを用いたSUMの使用例

SELECT
    category, SUM(price)
FROM
    item
GROUP BY
    category;

■実行結果

+----------+------------+
| category | SUM(price) |
+----------+------------+
| 本       |       2480 |
| 家具     |      12180 |
+----------+------------+
2 rows in set (0.00 sec)


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします