SQL

【SQL】カラムに別名をつける(AS句)

【SQL】AS句の使い方(別名)

SQLのAS句を使うことで、SELECT文で抽出したカラムに別名をつけることができます。

AS句の基本構文

SELECT  列名  AS  別名  FROM  表名;

スポンサーリンク

本記事では、AS句を使用し抽出したカラムに別名をつける方法について解説しています。

また「itemテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。

【itemテーブル】

id ※PK name price category
1 商品A 1980 書籍
2 商品B 4980 家具
3 商品C 7200 家具
4 商品D 500 書籍
5 商品E 980 書籍

AS句の使用例

以下の例では、AS句を使わずに「item」テーブルから「name」「price」「category」を抽出しています。

■通常のSELECT文

SELECT
    name
    , price
    , category
FROM
    item;

■実行結果

+-------+-------+----------+
| name  | price | category |
+-------+-------+----------+
| 商品A |  1980 | 書籍     |
| 商品B |  4980 | 家具     |
| 商品C |  7200 | 家具     |
| 商品D |   500 | 書籍     |
| 商品E |   980 | 書籍     |
+-------+-------+----------+
5 rows in set (0.00 sec)

 

そして、以下はAS句を使用して「item」テーブルから「name」→ 別名「名前」、「price」→ 別名「価格」、「category」→ 別名「カテゴリ」と別名をつけて抽出しています。

■AS句の使用例

SELECT
    name AS '名前'
    , price AS '価格'
    , category AS 'カテゴリ'
FROM
    item;

■実行結果

+-------+------+----------+
| 名前  | 価格 | カテゴリ |
+-------+------+----------+
| 商品A | 1980 | 書籍     |
| 商品B | 4980 | 家具     |
| 商品C | 7200 | 家具     |
| 商品D |  500 | 書籍     |
| 商品E |  980 | 書籍     |
+-------+------+----------+
5 rows in set (0.00 sec)


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします