Spring Bootで簡単に入力チェックを実装する方法

Spring Boot

Spring Bootで簡単に入力チェックを実装する方法

Bean Validationを使用して入力チェックを実装する方法

「Spring Boot」でWebアプリケーションを作成する時、簡単に入力チェックが出来る方法があります。それが「Bean Validation」です。「Bean Validation」とはJavaBeansで簡単に入力チェックを行う仕組みです。

本記事では「Bean Validation」を使用した入力チェックの方法を紹介します。

 

ディレクトリ構成

プロジェクトのディレクトリ構造は以下の通り。

springSample
  |
  |___src.main.java
       |
       |___com.example.demo
       |    |
       |    |___controller
       |    |    |
       |    |    |__UserController.java
       |    |
       |    |___dto
       |         |
       |         |___UserRequest.java
       |
       |___src.main.resources
            |
            |___templates
            |    |
            |    |___user
            |         |
            |         |___add.html
            |
            |___static
                 |
                 |___css
                      |
                      |___add.css

スポンサーリンク

依存関係の追加

Spring Boot 2.3.1以降は「spring-boot-starter-validation」の追加が必要です。

gradleの場合は「build.gradle」に以下を追加

dependencies {
  implementation 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-validation'
}

mavenの場合は「pom.xml」に以下を追加

<dependency>
  <groupId>org.springframework.boot</groupId>
  <artifactId>spring-boot-starter-validation</artifactId>
</dependency>

Bean Validationで入力チェックを実装

データを格納する箱である「Data Transfer Object」を作成し、アノテーションを使用して入力チェックする内容を定義します。※本来エラーメッセージは、メッセージファイル等で管理しますが、本記事ではハードコーディングしています。

入力チェック内容は以下の通り。

  • 名前:必須、100桁以内
  • 住所:255桁以内
  • 電話番号:電話番号形式チェック

Bean Validationで定義するよく使うアノテーションは以下の通り。

アノテーション種類 チェック内容
@NotNull 必須チェック(NULLの場合NG)
@NotEmpty 必須チェック(NULL、空文字の場合NG)
@NotBlank 必須チェック(NULL、空文字、空白の場合NG)
@Size 桁数チェック
@Pattern 正規表現チェック

[UserRequest.java]

package com.example.demo.dto;

import java.io.Serializable;

import javax.validation.constraints.NotEmpty;
import javax.validation.constraints.Pattern;
import javax.validation.constraints.Size;

import lombok.Data;

/**
* ユーザー情報 リクエストデータ
*/
@Data
public class UserRequest implements Serializable {

    /**
    * 名前
    */
    @NotEmpty(message = "名前を入力してください")
    @Size(max = 100, message = "名前は100桁以内で入力してください")
    private String name;

    /**
    * 住所
    */
    @Size(max = 255, message = "住所は255桁以内で入力してください")
    private String address;

    /**
    * 電話番号
    */
    @Pattern(regexp = "0\\d{1,4}-\\d{1,4}-\\d{4}", message = "電話番号の形式で入力してください")
    private String phone;
}

Controllerでエラー内容を画面に返却する

フロントエンドとサーバーエンドの入出力の管理を行うControllerクラスを作成します。

[UserController]

package com.example.demo.controller;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.validation.BindingResult;
import org.springframework.validation.ObjectError;
import org.springframework.validation.annotation.Validated;
import org.springframework.web.bind.annotation.ModelAttribute;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;

import com.example.demo.dto.UserRequest;

/**
* ユーザー情報 Controller
*/
@Controller
public class UserController {

    /**
    * ユーザー新規登録画面を表示
    * @param model Model
    * @return ユーザー情報一覧画面
    */
    @RequestMapping(value = "/user/add", method = RequestMethod.GET)
    public String displayAdd(Model model) {
        model.addAttribute("userRequest", new UserRequest());
        return "user/add";
    }

    /**
    * ユーザー新規登録
    * @param userRequest リクエストデータ
* @param result BindingResultl * @param model Model * @return ユーザー情報一覧画面 */ @RequestMapping(value = "/user/create", method = RequestMethod.POST) public String create(@Validated @ModelAttribute UserRequest userRequest, BindingResult result, Model model) { if (result.hasErrors()) { List<String> errorList = new ArrayList<String>(); for (ObjectError error : result.getAllErrors()) { errorList.add(error.getDefaultMessage()); } model.addAttribute("validationError", errorList); return "user/add"; } // ここでユーザー情報を登録する // 登録処理は省略 return "user/add"; } }

createメソッドの引数BindingResultに「Bean Validation」のエラー内容が設定されます。エラーがある場合はhasErrorsがtrueになるので、エラー内容をリストに詰めて画面側に返却します。

スポンサーリンク

HTMLでエラー内容を画面に表示する

画面のHTMLを作成します。

[add.html]

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
    xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head>
<title>ユーザー新規登録</title>
<link href="/css/add.css" rel="stylesheet"></link>
<meta charset="utf-8" />
</head>
<body>
    <table>
        <tr th:if="${validationError}" th:each="error : ${validationError}">
            <td style="color: red;" th:text="${error}"></td>
        </tr>
    </table>
    <h1>ユーザー新規登録</h1>
    <form th:action="@{/user/create}" th:object="${userRequest}"
        th:method="post">
        <table>
            <tr>
                <th class="cell_title">名前</th>
                <th class="cell_required">※</th>
                <td><input type="text" th:field="*{name}"></td>
            </tr>
            <tr>
                <th class="cell_title">住所</th>
                <th class="cell_required"></th>
                <td><input type="text" th:field="*{address}"></td>
            </tr>
            <tr>
                <th class="cell_title">電話番号</th>
                <th class="cell_required">※</th>
                <td><input type="text" th:field="*{phone}"></td>
            </tr>
        </table>
        <div class="btn_area_center">
            <input type="submit" value="登録" class="btn">
        </div>
    </form>
</body>
</html>

[add.css]

body {
width: 80%;
}
table{
width: 100%;
border-collapse: collapse;
font-size: 13px;
}

table th, table td {
border: 1px solid #ddd;
padding: 6px;
}

table th {
background-color: #F2F2F2;
}

table input {
width:90%;
}
.cell_title {
border-right: 0;
}
.cell_required{
color: red;
font-size: 12px;
width: 10px;
border-left: 0;
}
.btn {
width: 100px;
text-align: center;
}
.btn_area_center {
margin-top: 20px;
text-align: center;
}

Webアプリケーションを実行して動作確認

1. 登録画面の表示

Spring Bootプロジェクトを実行して http://localhost:8080/user/add へアクセスします。

2. 登録画面にデータを入力し登録

ユーザー新規登録画面が表示されるので、以下の内容を入力して「登録」ボタンを押下します。

  • 名前:未入力
  • 住所:255桁より大きい値
  • 電話番号:電話番号形式ではない値

入力チェック前

3. エラーメッセージが表示されることを確認

入力チェックが正常に動作して、想定通りのエラーメッセージが表示されることを確認します。

画面上部に赤字で「Bean Validation」でエラーになった項目に対するエラーメッセージが表示されます。

入力チェック後


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら