RARPとは

ネットワーク

RARPとは

RARPとは

RARP(Reverse Address Resolution Protocol:逆アドレス解決プロトコル)とは、MACアドレスからIPアドレスを取得するための通信プロトコルです。IPアドレスからMACアドレスを取得するARPとは逆の動作をします。

スポンサーリンク

 

RARPは、主にディスクレスパソコン(外部記憶装置を持たないデバイス)のようなIPアドレスを保存することができない端末が使用します。

ディスクレスパソコンは、IPアドレスを保存できるハードディスクがないので、ネットワークに参加する段階では、自分のMACアドレスしか分かりません。そこでRARPを利用して自身のIPアドレスを取得します。

RARPにより取得できるのはIPアドレスのみで「サブネットマスク」「デフォルトゲートウェイ」「DNSサーバ」などのアドレス情報は渡せません。また、データリンク層の技術なのでルータを越えて利用できない。そしてRARPサーバーには事前に要求機器のMACアドレスを登録しておく必要があり、柔軟性に欠けるというデメリットがあります。

そのため、近年では同機能でより高性能なDHCPなどが利用されており、RARPはほとんど使われていません。

ポイント

RARPとは、MACアドレスからIPアドレスを取得するためのプロトコル

RARP要求

RARP要求

RARPでMACアドレスに対応するIPアドレスを取得するためは、自身のMACアドレスを入れた「RARP要求」をネットワーク内にブロードキャストします。

上記例では「PC1」が自身のIPアドレスを取得するために、RARP要求を同じネットワーク内の全コンピュータに送信しています。

RARP要求とは「このMACアドレスに割り当てられているIPアドレスを教えて」という内容のパケットです。

 

RARP要求時のRARPパケットは以下のように設定されます。自身のMACアドレスに対するIPアドレスを取得したいので、目的のMACアドレスには自身のMACアドレス、目的のIPアドレスは未定義とします。

送信元MACアドレス 送信元IPアドレス 目的のMACアドレス 目的のIPアドレス
PC1のMACアドレス 未定義 PC1のMACアドレス 未定義

RARP応答

RARP応答

RARP応答とは、RARP要求に対する応答です。上記例では、RARPサーバが「PC1」に対してRARP応答を返却しています。

RARP要求を受け取ったRARPサーバは、事前に登録してある対応表からMACアドレスに対応するIPアドレスを抽出し、要求元にRARP応答を返却します。

スポンサーリンク

 

RARP応答時のRARPパケットは以下のように設定されます。

送信元MACアドレス 送信元IPアドレス 目的のMACアドレス 目的のIPアドレス
RARPサーバのMACアドレス RARPサーバのIPアドレス PC1のMACアドレス PC1のIPアドレス

RARPパケット

RARPパケットの内容は次の通りです。

項目名 ビット 説明
ハードウェアタイプ (Hardware
Type)
16 bit ハードウェアの種類。イーサネットの場合は「0x0001」が設定される。
プロトコルタイプ (Protocol
Type)
16 bit プロトコルの種類。IPv4の場合「0x0800」以降の値が設定される
ハードウェア長 (Hardware
Length)
8 bit MACアドレスの長さを表す。イーサネットの場合は「6」が設定される
プロトコル長 (Protocol
Length)
8 bit IPアドレスの長さを表す。IPv4の場合は「4」が設定される
オペレーション(Operation) 16 bit ARPの動作の種類を表すためのコード(3:RARP要求、4:RARP応答)
送信元MACアドレス (Sender MAC address) 48 bit 送信元のMACアドレス
送信元IPアドレス (Sender IP address) 32 bit 送信元のIPアドレス。RARP要求の場合は未定義とする。
目的のMACアドレス (Target
MAC address)
48 bit 目的のMACアドレス
目的のIPアドレス (Target
IP address)
32 bit 送信先のIPアドレス。ARP要求の場合は未定義とする。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします