PHP入門

【PHP入門】PHPとは

PHP(ピー・エイチ・ピー)とは

コンピュータで動くプログラムを作成するための言語のことを「プログラミング言語」といいます。

PHPは代表的なプログラミング言語の1つです。

PHPは、1995年にラスマス・ラードフ氏により「Personal Home Page Tools」という名前で開発されたものであり、もともとは、ラスマス自身のWebサイトで簡単な動的Webページを作成するために用いられていたが、その後改良(オープンソースライセンスの下で公開されたことにより同ツールの利用者が増加し、機能の追加を行う開発者たちの貢献もあり、幾度かの大きなバージョンアップを経て現在に至る)されて現在のPHP(Hypertext Preprocessor)となりました。

PHPの特徴

PHPには次のような特徴があります。

スポンサーリンク

インタプリタ型の言語

PHPはインタプリタ型の言語です。

コンピュータが理解できる言語は機械語です。そのため、プログラミング言語で書かれたプログラムを理解することができません。

プログラミング言語はコンピュータは理解できない

コンピュータにプログラムを理解させるには、プログラミング言語で書かれたプログラムを、コンピュータが理解できるように変換する必要があります。

この変換作業には「インタプリタ」と「コンパイラ」が存在します。

インタプリタとは、プログラミング言語で書かれたプログラム(ソースコード)をコンピュータが解釈・実行できる機械語に変換しながら同時に少しずつ実行していくソフトウェアのことです。

インタプリタを使う代表的な言語には、JavaScriptやPHP、Ruby、Pythonなどがあります。このような言語を「スクリプト言語」といいます。

スクリプトとは

 

それに対してコンパイラは、プログラミング言語で作られたプログラムをコンピュータが理解できる機械語に変換するためのソフトウェアです。機械語に変更しながら実行していくインタプリタとは違い、機械語に変換してからプログラムを実行します。

コンパイルとは

コンパイラを使う代表的な言語にはCやJavaがあります。

 

インタプリタは、コンパイル作業をしなくても即時に実行でき、プログラムの確認や修正が容易であるというメリットがあります。しかし、ソースコードを即時に実行できるが、機械語に変換しながら実行するため、コンパイラと比べると速度が遅くなるというデメリットもあります。

サーバサイドスクリプト

インターネットを利用して閲覧しているWebページは「HTML」(HyperText Markup Language)という書式で書かれたテキストファイルです。

この「HTML」の中にプログラムを直接書き込むことができるスクリプトの1つがPHPです。

「HTML」の中にプログラムを直接書き込むことができるスクリプトには、「サーバサイドスクリプト」と「クライアントサイドスクリプト」があります。

サーバサイドスクリプト

サーバサイドスクリプトは、Webサーバ側で実行されるスクリプトです。クライアントからの要求に対して、Webサーバ側で処理を行い、クライアントに応答(Webページを表示するためのHTML)を返却します。

サーバサイドスクリプトには、PHPやRuby、Pythonなどがあります。

クライアントサイドスクリプトは、クライアント側で実行されるスクリプトです。JavaScriptが代表的なクライアントサイドスクリプトで、Webサーバに処理を依頼するのではなく、クライアント側でWebページの表示制御を行います。

PHPの開発準備

PHPで開発を行うためには、PHPとApacheなどのWebサーバ、データベースが必要です。

PHPでは、XAMPP(ザンプ)と呼ばれるパッケージが用意されており、XAMPPをインストールするだけで、PHPの開発環境を整えることができます。

XAMPPとは、PHPの開発で必要なソフトウェアやツールなどをまとめてパッケージ化した便利な開発ツールです。

終わりに

本記事では、PHPについて紹介しました。

次回の記事では、PHPの開発環境構築手順について紹介します。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説