MySQL Workbenchでデータベースを作成する

開発

【図解】MySQL Workbenchでデータベースを作成する

MySQL Workbenchでデータベース作成の手順

前回の記事では「MySQLのインストール手順」を紹介しました。本記事ではインストールした「MySQL Workbench」を起動してデータベースを作成する手順を紹介します。

スポンサーリンク

1. MySQL Workbenchの起動

Windowsの左下にある検索に「MySQL Workbench」と入力し、検索結果に表示された「MySQL Workbench」をクリックして起動します。

MySQL Workbench

2. インスタンスの選択

インスタンスを選択します。今回はMySQLインストール時に作成したrootユーザのローカルインスタンスを選択します。

インスタンスの選択

3. パスワードの入力

パスワードを聞かれるので、MySQLインストール時に設定したrootユーザのパスワードを入力します。

パスワードの入力

4. スキーマ(schema)の作成

「MySQL Workbench」のインスタンスにログイン出来たら、左上にあるスキーマを作成するアイコンを押下します。

スキーマの作成

 

スキーマ名を入力して「Apply」を押下します。

スキーマ名の入力

 

スキーマ作成のSQLが表示されるので「Apply」⇒「Finish」を押下します。

スキーマ作成SQL

スポンサーリンク

5. テーブルの作成

「Schemas」タブ ⇒ 作成したスキーマを展開 ⇒ 「Tables」を右クリック ⇒ 「CreateTable...」を押下します。

データベース名、データベースの内容を入力し「Apply」を押下します。

mysqlworkbenchでデータベースを作成する

 

データベース内容の主な項目は下記の通り

物理名 論理名 説明
Colume Name カラム名 カラム名を入力します
Datatype データタイプ カラムのデータタイプをプルダウンから選択します
PK プライマリーキー 主キーとなるカラムにチェックをつけます
NN Not Null Not Null属性のカラムにチェックをつけます
UQ ユニークキー 一意制約のカラムにチェックをつけます
AI AUTO INCREMENT オートインクリメントのカラムにチェックをつけます

 

テーブル作成のSQLが表示されるので「Apply」⇒「Finish」を押下します。

create tebale

6. テーブルの確認

「Schemas」タブ ⇒ 作成したスキーマを展開 ⇒ 作成したテーブル名を右クリック ⇒ 「Select Rows - Limit 1000」を押下します。

テーブルの確認

 

上部に実行したSQL文が表示され、下部に実行したSQLの結果が表示されます。

mysqlworkbenchでselect文

 

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説