コンピュータ

MIPS(Million Instructions Per Second)とは

MIPS(Million Instructions Per Second)

MIPSとは

MIPS(英:Million Instructions Per Second、読み:ミップス)とは、コンピュータの処理速度をあらわす単位のひとつで「1秒間に実行できる命令の数」をあらわしたものです。

  • Million:百万
  • Instructions:命令
  • Per:~あたり
  • Second:秒

※ MIPSはMillion Instructions Per Secondの略で「1秒間に実行できる百万単位の命令数」という意味

MIPSは百万単位で表現します。例えば 1MIPSのコンピュータは、1秒間に100万命令を処理できるという意味です。

MIPSは次の公式で求めることができます。

MIPSの公式

1 ÷ 平均命令実行時間(秒) × CPUの使用率

MIPSの計算方法

例題

平均命令実行時間が2ナノ秒のコンピュータがある。このコンピュータの性能は何MIPSか。

上記例題は、1命令の平均実行時間が「2ナノ秒」のコンピュータを使用した場合、1秒間で何命令(何MIPS)処理できるか?という問題です。

MIPSの計算方法イメージ例1

 

MIPSの計算をするときは、秒に変換して計算します。「秒」「ミリ秒」「マイクロ秒」「ナノ秒」の関係は次の表とおりです。2ナノ秒は2×10-9 秒に変換します。

ミリ秒 マイクロ秒 ナノ秒
1 1000 1000000 1000000000
0.000000002 (2×10-9) 0.000002 (2×10-6) 0.002 (2×10-3) 2

 

MIPSの公式

1 ÷ 平均命令実行時間(秒) × CPUの使用率

設問の内容を公式にあてはめて計算します。(問題にCPU使用率の記載がない場合は100%として計算する)

1 ÷ (2 × 10-9) × 1

= 500,000,000

= 500MIPS

※2ナノ秒は2×10-9

MIPSの計算方法イメージ例1

MIPSは百万単位であらわすので、最後に桁を百万単位にして「500MIPS」が答えです。