広告 類似用語

LANとWANの違い

LAN(Local Area Network)とWAN(Wide Area Network)の違い

LAN(ローカルエリアネットワーク)とは

LANとは、Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)の略で、社内や家庭で構成された一定範囲のネットワークのことです。

次の図は、LAN(ローカルエリアネットワーク)のイメージ例です。

LANのイメージ例

家庭で構築されたネットワークや、社内で構築されたネットワークは、LAN(ローカルエリアネットワーク)です。

家庭LANや社内LANには、デフォルトゲートウェイの役割をするルータが設置されており、デフォルトゲートウェイを経由して、外部ネットワークへアクセスします。

WAN(ワイドエリアネットワーク)とは

WANとは、Wide Area Network(ワイドエリアネットワーク)の略で、LANとLANを繋いだ広い範囲のネットワークのことです。

WANは、LAN(ローカルエリアネットワーク)の利用者が、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約して利用します。

例えば、一般の利用者は、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約し、ISPが提供しているブロードバンドルータ(デフォルトゲートウェイ)を経由して、インターネットに接続します。

LANとWANの例

このとき「パソコン、ブロードバンドルータ間」のネットワークがLAN(ローカルエリアネットワーク)、「ブロードバンドルータ、インターネット間」のネットワークがWAN(ワイドエリアネットワーク)です。

LANとWANのイメージ例

次の図は、LANとWANのイメージ例です。

LANのイメージ図

上記図は、家庭LANと社内LAN、そして、インターネットが存在しています。

家庭LANや社内LANには、デフォルトゲートウェイの役割をするルータが設置されており、各コンピュータは、ルータを経由してインターネットに接続します。

この家庭や社内で構成されているネットワークがLAN(ローカルエリアネットワーク)、そして、家庭や社内で構成されたLANから見た、外部のネットワークがWAN(ワイドエリアネットワーク)です。

このように、LANは社内や家庭で構築された一定範囲のネットワークであり、WANは、LANとLANを繋いで構成された広い範囲のネットワークです。

ここがポイント

LAN:社内や家庭で構成された一定範囲のネットワーク

WAN:LANとLANを繋いだ広い範囲のネットワーク

helpful