Java

Javaでひらがなのチェックを実装する方法

はじめに

正規表現を使い、Javaで「ひらがな」のチェックを実装する方法を紹介します。

今回の例で使用する正規表現は以下です。

^[\u3040-\u309F]+$

スポンサーリンク

Javaで「ひらがな」のチェックを実装する

正規表現を使った「ひらがな」のチェックを次の通り。

/**
 * ひらがなチェック
 * @param value 検証対象の値
 * @return 結果(true:ひらがな、false:ひらがなではない)
 */
public static boolean isHiragana(String value) {
    boolean result = false;

    if (value != null) {
        Pattern pattern = Pattern.compile("^[\u3040-\u309F]+$");
        result = pattern.matcher(value).matches();
    }

    return result;
}

Patternクラスを使い、引数の値が「ひらがな」の正規表現に一致するか確認しています。

動作確認

それでは、上記の関数を実行してみます。

System.out.println("空文字:" + isHiragana(""));
System.out.println("NULL:" + isHiragana(null));
System.out.println("全角カタカナ:" + isHiragana("アイウエオ"));
System.out.println("半角カタカナ:" + isHiragana("アイウエオ"));
System.out.println("ひらがな:" + isHiragana("あいうえお"));
System.out.println("漢字:" + isHiragana("漢字"));
System.out.println("数字:" + isHiragana("12345"));
System.out.println("英字(小文字):" + isHiragana("abc"));
System.out.println("英字(大文字):" + isHiragana("ABC"));
System.out.println("記号:" + isHiragana("#-?!"));

【実行結果】

  • 空文字:false
  • NULL:false
  • 全角カタカナ:false
  • 半角カタカナ:false
  • ひらがな:true
  • 漢字:false
  • 数字:false
  • 英字(小文字):false
  • 英字(大文字):false
  • 記号:false
ひらがなのみ「true」という結果になりました。

最後に

本記事ではJavaでひらがなのチェックを実装する方法を紹介しました。

【関連記事】

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説