地図

ネットワーク

IGPとは

IGP(Interior Gateway Protocol)

スポンサーリンク

IGPとは

IGP(Interior Gateway Protocol)とは、AS(自律システム)内部で経路情報の交換に使用されるルーティングプロトコルです。

AS(自律システム)とは、ネットワークの集合体(グループ)のことで、企業やプロバイダなどが当てはまります。

ルーティングプロトコル

上記のイメージ図では、2つのAS(自律システム)が存在し、どちらのAS(自律システム)内にルータが2台設置されています。ルータにはルーティングテーブルと呼ばれる経路情報が存在し、その情報を常に最新化するのがルーティングプロトコルの役割です。

このようにAS(自律システム)内部にあるルータ同士が経路情報を交換する際に使用するルーティングプロトコルがIGP、そしてAS(自律システム)の外にあるルータと経路情報を交換する際に使用するルーティングプロトコルがEGP(Exterior Gateway Protocol)です。

 

「ルーティング」や「ルーティングプロトコル」などの詳しい説明は、次の関連記事をご覧ください。

IGPの種類

IGPには主に次のような種類のルーティングプロトコルが存在します。

  • RIP(Routing Information Protocol)
  • OSPF(Open Shortest Path First)
  • IS-IS(Intermediate Sysytem to Intermediate Sysytem)
  • IGRP(Interior Gateway Routing Protocol)
  • EIGRP(Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)

IGPの各ルーティングプロトコルは「ディスタンスベクタ型」「リンクステート型」「ハイブリッド型」の3種類に分類することができます。

「ディスタンスベクタ型」「リンクステート型」「ハイブリッド型」の特徴は次の通りです。

名称 説明 対象のルーティングプロトコル
ディスタンスベクタ型 距離と方向により最適ルートを決定する方式。比較的古いタイプのルーティングプロトコル。 RIP,IGRP
リンクステート型 各ルータの接続情報を交換しあい情報をデータベース化し計算結果より最適ルートを決定する方式。 OSPF,IS-IS
ハイブリッド型 ディスタンスベクタ型とリンクステート型を組み合わせて作られた方式。 EIGRP

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説