類似用語

Googleアドセンスとアフィリエイトの違い

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスは「クリック報酬型」と呼ばれるタイプの広告で、Googleが提供している広告配信サービスです。

サイトにGoogleアドセンスのタグを貼りつけるだけで、サイトの読者に対して最適な広告が自動で表示されます。そして表示された広告を読者がクリックするたびにサイト運営者に報酬が支払われる仕組みです。

次の図はGoogleアドセンスのイメージ例です。

Googleアドセンスのイメージ例

Googleアドセンスの流れ

  • サイト管理者が記事を書く
  • 読者が広告をクリック
  • サイト管理者に報酬が支払われる

サイト管理者は記事内にGoogleアドセンスのタグを貼りつけるだけです。あとはGoogleが読者に最適な広告を自動で表示してくれます。

そのため、サイト管理者は広告を意識して記事を書く必要はありません。読者にとって最適な広告が表示されるため、高いクリック率が期待できます。

詳細はこちら

【初心者向け】Googleアドセンスとは?仕組みを図解で解説

続きを見る

アフィリエイトとは

アフィリエイトは「成果報酬型」と呼ばれるタイプの広告で、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダの略)が提供しているサービスです。

サイトの記事内にアフィリエイト広告を貼り、その広告を読者が購入または契約するとサイト運営者に報酬が支払われる仕組みです。

次の図はアフィリエイトのイメージ例です。

アフィリエイトのイメージ例

アフィリエイトの流れ

  • サイト管理者がアフィリエイト商品を紹介する記事を書く
  • 読者がアフィリエイト商品を購入または契約する
  • サイト管理者に報酬が支払われる

サイト管理者は記事内にアフィリエイト広告を貼りつけ、その商品を紹介する記事を書きます。

そのため、サイト管理者は広告を意識した記事(広告の商品を紹介する記事)を書く必要があります

スポンサーリンク

アフィリエイトは広告のクリックでは収益が発生しません。アフィリエイトの商品やサービスが購入または契約されて、初めて収益が発生します。

そのため、Googleアドセンスに比べ収益化が難しいですが、アフィリエイトは報酬単価が高いので、成果が出せるようになると、Googleアドセンスより収益性を高めやすい特徴があります。

詳細はこちら

【初心者向け】アフィリエイトとは?始め方と仕組みを図解で解説

続きを見る

Googleアドセンスとアフィリエイトの違い

報酬発生の仕組みが違う

Googleアドセンスとアフィリエイトは報酬発生の仕組みが違います。

報酬発生の仕組み

  • Googleアドセンス:クリック報酬型

読者が広告をクリックしたら成果報酬が発生する

  • アフィリエイト:成果報酬型

読者が広告の商品を購入または契約したら成果報酬が発生する

広告単価が違う

Googleアドセンスは低単価、簡単に収益化できる

Googleアドセンスは「クリック報酬型」の広告です。

読者が広告をクリックしたときに成果報酬が発生する仕組みのため、1回のクリック単価は低いです。

Googleアドセンスの広告は、Googleが読者に最適な広告を自動で表示してくれます。そのため、サイトにアクセス数さえあれば収益を上げることができます。

Googleアドセンスの特徴

  • 始めるには厳しい審査を通過する必要がある
  • アクセス数があれば簡単に収益を上げられる
  • 単価が低いので収益を大きく伸ばすのは難しい(相当のアクセス数が必要)

アフィリエイトは高単価、収益化まで時間がかかる

アフィリエイトは「成果報酬型」の広告です。

アフィリエイトの商品・サービスが購入(または契約)されたときに成果報酬が発生する仕組みのため、報酬単価が高いものが多く、単価は1件の報酬が1万円以上になることもあります。

そのため、サイトのアクセス数がそこまで多くなくても、成果報酬を得るチャンスがあります。ただしアフィリエイトで収益を得るには、アフィリエイト商品を売るためのライティングスキルを磨く必要があり、それなりに時間がかかります。

アフィリエイトの特徴

  • 始めるのは簡単
  • アクセス数があっても収益を上げるのは簡単ではない
  • 収益化まで時間がかかる
  • 単価が高いので収益を大きく伸ばすことができる

記事の書き方が違う

Googleアドセンスは、Googleが読者に最適な広告を自動で表示してくれます。

Googleが表示する広告の内容を判断してくれるため、サイト管理者は広告を意識して記事を書く必要はありません。そのため、書きたい記事を書くことができます。

それに対しアフィリエイトは、読者に表示する広告をサイト管理者が決めます。さらに成果報酬を得るにはその広告の商品・サービスを購入(または契約)してもらう必要があります。

そのため、サイト管理者は広告を意識した記事(アフィリエイト商品を紹介する記事)を書く必要があります

Googleアドセンスとアフィリエイトの適正

Googleアドセンス向きのサイト

Googleアドセンスに向いているのはPVが多いサイトです。

PVとは読者がページにアクセスした数のことです。

サイトは記事が積みあがるほどにPVが伸びて、PVに比例してGoogleアドセンスの収益も増える特徴があります。

月のPVに対する収益の目安は次のとおりです。

月間PV 収益目安
1万PV 3,000円
3万PV 9,000円
5万PV 15,000円
10万PV 30,000円
20万PV 60,000円
30万PV 90,000円
40万PV 120,000円
50万PV 150,000円
100万PV 300,000円

※サイトやジャンルにより広告単価が異なるため、あくまでも目安です。

スポンサーリンク

アフィリエイト向きのサイト

アフィリエイトが向いているのはテーマやターゲットが明確なサイトです。

アフィリエイトもGoogleアドセンスと同じでPVが多いサイトの方が有利ですが、PVに比例して収益が増えるGoogleアドセンスとは違い、アフィリエイトはPVが多いからといって収益が増えるとは限りません。

アフィリエイト広告が読者の興味を引く内容でなければ、PVが多くても売上にはつながりません。逆に読者の興味を引く内容であれば、PVが少なくても売り上げにつながります。

アフィリエイトで収益を上げるためには、読者を集め・商品の販売を促す「Webマーケティングスキル」が必要です。

メモ

Webマーケティングスキルとは、サイトに人を集客し、サイト上に掲載した商品・サービスなどを購入してもらうにはどうすればよいか、検討・実行・改善していくスキルです。

Googleアドセンスとアフィリエイトの併用

Googleアドセンスとアフィリエイトの併用は可能です。どちらもサイトの読者がいなければ、収益を上げることはできません。

そのため、まずはPVと比例して収益が増えるGoogleアドセンスで収益化を目指し、徐々にアフィリエイトの比率を増やすのもいいでしょう。

Googleアドセンスで収益化できているのであれば、Googleアドセンスだけでも良いですが、より収益を伸ばすなら、収益の伸びしろが大きいアフィリエイトは魅力的です。

Googleアドセンスとアフィリエイトの始め方

Googleアドセンスの始め方

Googleアドセンスを始めるには、Googleの厳しい審査に合格する必要があります。

Googleアドセンスの審査に落ちる理由で多いのが「有用性の低いコンテンツ」という理由です。読者目線になって、書いた記事が誰かの役に立つものなのか。読者のターゲットを定めて、その読者向けに役立つ情報を提供できる記事を書くことが大切です。

Googleアドセンスは、Googleのアカウントを作成し「Googleアドセンスの公式HP」から申し込みを行います。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトを始めるのは非常に簡単です。次の2つのステップをおこなうだけです。

  • STEP1:ASPに登録する
  • STEP2:紹介記事を書く

SETP1:ASPに登録する

アフィリエイトを始めるには、アフィリエイトを提供している企業であるASPに登録します。

ASPの会員登録には、サイトやブログが必要です。まだサイトやブログをお持ちでない方は、作成後に会員登録をおこなってください。

サイトやブログの作成手順はこちら

【初心者向け】WordPressブログの始め方

続きを見る

 

有名なASPは次のとおりです。

ASPは無料で登録できるので、まずは登録し自身のサイトで紹介したい商品を取り扱っているASPを利用しましょう。

SETP2:紹介記事を書く

ASPに登録したら自身のサイトにアフィリエイト商品を紹介する記事を書きます。

 

そして、サイトの読者がアフィリエイト広告をクリックし商品やサービスを購入または契約すると、ASP管理画面のレポートに結果が反映され、毎月決まった日(振込日)にASPからアフィリエイターにその報酬が振り込まれます。

ASPからアフィリエイターに成果報酬が振り込まれる