Eclipseのインストール手順

開発

Eclipseのインストール手順 | 分かりやすく図解で説明

Eclipseのインストール手順

EclipseとはJavaやPHPなどで使用する有名な開発ツールです。本記事ではEclipseのダウンロードから起動までの流れを図解を利用して分かりやすく説明しています。

スポンサーリンク

Eclipseのダウンロード

まずはEclipseのダウンロードを行います。

Eclipseのダウンロードは以下のサイトから行います。

http://mergedoc.osdn.jp/

1. ダウンロードするバージョンを選択

ダウンロードするEclipseのバージョンを選択します。バージョンに指定がある場合はそのバージョンを選択してください。特に指定がない場合は、最新バージョンを選択します。

Eclipseダウンロード手順1

2. ダウンロードするパッケージを選択

ダウンロードするパッケージを選択します。必要な物が全て入っている「Full Edition」と通常の「Standard Edition」が存在します。「Full Edition」を選択した方が設定が楽ですが、使わない物までダウンロードされ容量も大きいので、今回はJavaの「Standard Edition」を選択します。

Eclipseダウンロード手順2

3. ダウンロードが完了するまでしばらく待つ

「Standard Edition」を選択しても容量が大きいので、ダウンロードが完了するまでしばらく待機します。

Eclipseを配置

1. ダウンロードしたzipファイルを解凍

ダウンロードした「pleiades-2019-03-java-win-64bit_20190324.zip」(※ファイル名はバージョンにより異なる)zipファイルを解凍します。

2. 解凍したフォルダを任意の場所に移動

解凍した「pleiades」フォルダを任意の場所に移動します。今回はCドライブの直下に移動します。

Eclipse配置手順1

OpenJDKのインストール

Javaの無償版であるOpenJDKを「OpenJDKのインストール手順」を参考にインストールしていきます。

※Eclipseの「Full Edition」をダウンロードした場合は不要です。

Eclipseの起動

1. eclipse.exeを実行

「C:\pleiades\eclipse」は配下にある(C直下に配置した場合)「eclipse.exe」ファイルを実行してeclipseを起動します。

eclipseの起動手順1

eclipse起動手順2

2. workspaceを選択

ワークスペース(作業フォルダ)に変更がある場合は、任意の場所に変更します。ワークスペースが決まったら「起動」を押下します。

eclipse起動手順3

3. Eclipse起動完了

これでEclipse起動は完了です。

eclipse起動完了

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説