データベース

DML(データ操作言語)とは

データ操作言語(DML)

DML(Data Manipulation Language)とは、データ操作言語と呼ばれるSQLの命令のことです。

主なデータ操作言語は次の通り。

データ操作言語 説明
SELECT テーブルからレコードを抽出する
INSERT テーブルにレコードを新規登録する
UPDATE テーブルのレコードを更新する
DELETE テーブルのレコードを削除する

データベースのテーブルにレコードを新規登録する「INSERT」文、更新する「UPDATE」文、削除する「DELETE」文、そして、レコードを抽出する「SELECT」文などのデータ操作言語のことを「DML」といいます。

【DML】レコードの抽出(SELECT)

テーブルからレコードを抽出する時に使用するSQL文が「SELECT」です。

■SELECT文の使用例

SELECT * FROM user WHERE id = '000001'

【DML】レコードの追加(INSERT)

テーブルに新しいレコードを追加する時に使用するSQL文が「INSERT」です。

■INSERT文の使用例

INSERT INTO user (id, name, address) VALUES ('000005', '桜井五郎',' 沖縄県那覇市');

データベースにデータ追加

【DML】レコードの更新(UPDATE)

テーブルのレコードを更新する時に使用するSQL文が「UPDATE」です。

■UPDATE文の使用例

UPDATE user SET address = ’東京都品川区’ WHERE id = '000001';

データベースの表を変更する

【DML】レコードの削除(DELETE)

テーブルのレコードを削除する時に使用するSQL文が「DELETE」です。

■DELETE文の使用例

DELETE FROM user WHERE id='000003';

データベースのデータを削除

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説