CPU(シーピーユー)とは

コンピュータ

CPU(シーピーユー)とは

コンピュータの5大装置には何があるか知っているかな?
え~と・・・「制御装置」と「記憶装置」「入力装置」「出力装置」あと何だったかな?
おしい!残りは「演算装置」だね。

本記事では、「制御装置」と「演算装置」の役割を担当するコンピュータの頭脳「CPU」について説明するよ。

CPUってなに?

CPU(Central Processing Unitの略)とは、中央処理装置とも呼ばれるコンピュータの頭脳です。コンピュータの各装置を制御する指揮者的な役割を担当、そして命令に従って演算処理も行います。

CPU

ポイント

コンピュータ全体の命令演算処理を担当するCPUが高性能である程、性能の良いパソコンといえます。

CPUはIntel(インテル)とAMD (エーエムディー)という会社が作っています。AMDはIntelの製品に比べて低価格なのが特徴です。Intel製品はAMDに比べると高価格ですが、安定性には定評があります。

スポンサーリンク

代表的なIntel製品のCPU

CPU名 性能 価格
Core i9 ★★★★★★ 最も高い
Core i7 ★★★★★☆ 高い
Core i5 ★★★★☆☆ 少し高い
Core i3 ★★★☆☆☆ 普通
Pentium ★★☆☆☆☆ 安い
Celeron ★☆☆☆☆☆ 最も安い

※本来は同じCPU名でも更に詳細な型番があり型番毎に性能が変わります。

代表的なADM製品のCPU

CPU名 特徴
Ryzen 9 Intel製品「Core i9」相当
Ryzen 7 Intel製品「Cote i7」相当
Ryzen 5 Intel製品「Core i5」相当
Ryzen 3 Intel製品「Core i3」相当

※本来は同じCPU名でも更に詳細な型番があり型番毎に性能が変わります。

コンピュータの5大装置とは

コンピュータのハードウェアは、大きく分けると5つの装置で構成されています。この5つの装置を「コンピュータの5大装置」といいます。

装置名 ハードウェア名 説明
制御装置 中央処理装置(CPU) コンピュータ全体の動作を制御する装置。
演算装置 命令に従い演算を行う装置。
記憶装置 主記憶装置(メモリ等)

補助記憶装置(ハードディスク、CD-ROM等)

主記憶装置:動作するために必要なデータを一時的に記憶する装置。

補助記憶装置:データを長期に渡り記憶する装置。

入力装置 キーボード、マウス等 コンピュータにデータを入力する装置。
出力装置 ディスプレイ、プリンタ等 コンピュータのデータを出力する装置。
入力装置で入力した内容を、制御装置が各装置に命令し、演算装置で処理を実行、記憶装置でデータを記憶、結果を出力装置に表示する流れになるよ。

\ 参考になりましたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説