データベース

2021/1/13

SQLとは

SQL(Structured Query Language) SQL(エスキューエル)とは、関係データベースの管理や操作を行うことができるデータベース言語の1つです。 スポンサーリンク 関係データベースとは 関係データベース(英:relational database)とは、データを表の形で管理するデータベースのことです。リレーショナルデータベースとも呼ばれています。 システムやソフトウェア開発などでは、データベースを利用して、データをデータベースに保管して管理することが一般的です。 次の表は関係データベ ...

2021/1/12

正規化とは(データベース)

データベースの正規化 正規化(英:regularization)とは、データを取り扱いやすいようにデータベースを設計することであり、データの一貫性の維持と効率的なデータアクセスを可能にするための手法です。 正規化することにより、データの冗長性と不整合が起きる機会を減らすことができます。 ※冗長:必要以上に物事が多く無駄なこと スポンサーリンク 正規化の手順 正規化には、第1正規形~第5正規形、およびボイスコッド正規形などの種類がありますが、第1正規形~第3正規形までで、十分に正規化されたと考えることも多い ...

2021/1/11

インデックスとは(データベース)

インデックス(index) インデックス(英:index)とは、索引の意味を持つ英単語であり、データベースの表(テーブル)への検索処理を高速化させるものです。 インデックスはなぜ必要なの? データベースは検索機能に優れているので、簡単に対象データを抽出することができます。しかし、システムによっては膨大なデータがデータベースの表(テーブル)に登録されます。 いくらデータベースが検索機能に優れているとはいえ、膨大なデータがあると速度的な問題が発生します。 例えば、次のように「名前」で検索する画面があるとします ...

2021/1/10

外部キー(foreign key)とは

外部キー(foreign key) 外部キーとは 外部キー(英:foreign key、略:FK)とは、関係データベースにおいてデータの整合性を保つための制約(参照整合性制約)です。 外部キーに設定されている列(カラム)には、参照先となるテーブルの列内(カラム内)に存在している値しか設定できません。 例えば、次のように「社員テーブル」(左側)の「部署ID」は、「部署テーブル」(右側)の主キーである「部署ID」に対して外部キーを設定しています。 そのため、「社員テーブル」(左側)の「部署ID」には、「部署テ ...

2021/1/6

複合主キーとは

複合主キー 複合主キー(英:composite primary key)とは、データベースのテーブルに設定される「主キー」を複数の項目(カラム)の組み合わせとして定義することです。 次の表は複合主キー(複合キー)のイメージ例です。「学年」「組」「出席番号」の組み合わせにより、行(レコード)を一意に特定しています。 それでは、もう少し詳しく説明していきます。 主キーとは 主キー(英:primary key、略:PK)とは、データベースのテーブル内で行(レコード)を一意に特定するための項目(カラム)のことです ...

2021/1/6

主キー(primary key)とは

主キー(primary key) 主キーとは 主キー(英:primary key、略:PK)とは、関係データベースのテーブル内で行(レコード)を一意に特定するための項目(カラム)のことです。 データベースには、大量のデータが保存されます。その大量のデータの中から、行(レコード)を特定するためには「鍵となる情報」が必要です。 例えば、社員の住所が変わった時、データベースを更新する必要があります。その時、行(レコード)を特定する情報がなければ、その社員を見つけることができません。そのため、データベースには行( ...

2021/1/3

関係データベースとは

関係データベース 関係データベース(リレーショナルデータベース、英:relational database)とは、データを表の形で管理するデータベースのことです。 次の表は関係データベースのイメージ例です。表(テーブル)は行(レコード)と列(フィールド)によって形成されています。 関係データベースには、データ1件が1つの行として記録されます。上記表の例では、次の4レコードがデータとして登録されています。 ID:000001、名前:鈴木太郎、住所:東京都渋谷区 ID:000002、名前:佐藤次郎、住所:大阪 ...

2021/1/3

DBMS(データベース管理システム)とは

DBMS(データベース管理システム) DBMS(英: database management system)とは、データベース管理システムのことであり、データベース機能を提供するミドルウェアです。 ミドルウェアとは、アプリケーションとオペレーティングシステム(OS)の中間に入るソフトウェアのことで、オペレーティングシステム(OS)の機能拡張やアプリケーションの共通的な機能を集めたものです。 データベースとは データベースとは、データを格納するためのものであり、データの抽出・追加・変更・削除が容易にできるの ...

デッドロックとは

2020/8/24

デッドロックとは

デッドロックってなに? デッドロックとは、お互いがロック解除待ち状態となり、どちらも処理が進行できなくなる状態のことをいいます。 共有資源に対して複数のアクセスが同時に発生しても問題なく動作できるようにする制御を「排他制御」といいます。排他制御には「ロック」や「ミューテックス 」「セマフォ」などの方式あり、デッドロックは「ロック」という方式を使用した際に発生する現象です。   資源に対してロックを掛ける場合、まずはじめに「資源」をロックします。ロックされた「資源」はロックが解除されるまで、他のタ ...

排他制御とは

2020/8/24

排他制御とは

排他制御って何? 排他制御とは、共有資源に対して複数のアクセスが同時に発生しても問題なく動作できる制御のことをいいます。 スポンサーリンク 例えば、共有資源である「共有ファイル」を複数の人が同時に変更した場合、排他制御されていれば、以下の図のように、データの整合性が保たれます。 共有ファイルに男性と女性が同時にアクセス(共有ファイルの内容は「AAA」) 男性は共有ファイルに「BBB」を追加 女性は共有ファイルに「CCC」を追加 結果、共有ファイルの内容は「AAA」「BBB」「CCC」となりデータの整合性が ...

© 2021 ITを分かりやすく解説