広告 コンピュータ

絶対パス(フルパス)とは

絶対パス(フルパス)

パスとは

パスとは、パソコンの中に保存されているファイルやディレクトリフォルダ)の保存場所を示す経路のことです。

メモ

ディレクトリという呼び方は主にUNIX系のOSで使われる名称、WindowsやMacの場合はディレクトリではなくフォルダと呼ばれている。

パスには「絶対パス」と「相対パス」があります。

助手
助手

本記事では「絶対パス」について紹介します。

絶対パスとは

絶対パスとは、最上位のディレクトリから目的のディレクトリやファイルまでの道筋を完全に記述する方法です。フルパスとも呼ばれています。

コンピュータ上のファイルは、次の図のように階層構造で管理されています。このファイル階層における最初または最上位のディレクトリを「ルートディレクトリ」と呼びます。

UNIX系OS 絶対パスの例

絶対パスは「ルートディレクトリ」から目的のファイル(またはディレクトリ)までのパス(保存場所を示す経路)を示すものです。

例えば、上記図の「test.csv」ファイルの絶対パスは「/home/test.csv」です。

「ルートディレクトリ」の中にある「home」ディレクトリの中にある「test.csv」

これを絶対パスにすると「/home/test.csv」と表現します。(UNIX系OSでは「ルートディレクトリ」を「/」で表現する)

WindowsやMaxも同じです。次の図はWindowsのイメージ例です。

Windows 絶対パスの例

最上位のフォルダ(ルートフォルダ)はCドライブです。(WindowsやMaxの場合は各ドライブが最上位になる)

助手
助手

WindowsやMaxの場合は「ディレクトリ」ではなく「フォルダ」と呼びます。呼び方は違いますが同じ意味です。

例えば、上記図の「eclipse」フォルダの絶対パスは「C:\pleiades\eclipse」です。

Cドライブの中にある「pleiades」フォルダの中にある「eclipse」フォルダ

これを絶対パスにすると「C:\pleiades\eclipse」と表現します。

helpful