コンピュータ

真理値表とは

真理値表

真理値表とは、論理回路や論理式において、入力のすべての組み合わせそれに対応する出力を1つ表にまとめたものです。

例えば、次の例は否定の真理値表です。※否定は1つの条件に対して真偽値の値を反転させる演算

A (A)
0 1
1 0

真理値表では、上記のとおり左側の列に入力(Aの入力値)、右側の列に出力(Aの否定をとった出力地)を記入し、入力と出力には「1」(あるいは「真」「T」)もしくは「0」(あるいは「偽」「F」)のどちらかを記入します。

  • 「真」「偽」で表記する場合
A (A)
  • 「T」「F」で表記する場合 ※Tはtrue、Fはfalseをあらわす
A (A)
F T
T F

【真理値表 例1】論理和

論理和の真理値表は次のとおりです。

論理和はAとBのどちらか もしくは 両方が"1"(true)の場合に"1"(true)を出力、それ以外は"0"(false)を出力する演算です。

A B A+B
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 1

※左側の「A」「B」が入力値、右側の「A+B」が出力値

【真理値表 例2】論理積

論理積の真理値表は次のとおりです。

論理和はAとBのどちらか もしくは 両方が"1"(true)の場合に"1"(true)を出力、それ以外は"0"(false)を出力する演算です。

A B A・B
0 0 0
0 1 0
1 0 0
1 1 1

※左側の「A」「B」が入力値、右側の「A・B」が出力値

【真理値表 例3】排他的論理和

排他的論理和の真理値表は次のとおりです。

排他的論理和はAとBのどちらか片方が"1"(true)の場合に"1"(true)を出力、それ以外は"0"(false)を出力する演算です。

A B A⊕B
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 0

※左側の「A」「B」が入力値、右側の「A⊕B」が出力値


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら