到着順方式とは | タスクスケジューリング方式

コンピュータ

到着順方式とは | タスクスケジューリング方式

タスクスケジューリング方式とは

タスクとは、コンピュータが処理する単位です。例えばコンピュータのアプリケーションアイコンをクリックすると、クリックしたアプリケーションを開くようにコンピュータに命令します。このような命令により行われる処理の単位をタスクといいます。

コンピュータに対する命令は、一つとは限りません。複数同時に命令されることがあります。しかしCPUは複数のことを同時に処理できるわけではありません。

そのため、CPUにどのタスクを処理させるか、タスクの実行順序を定める必要があります。これをタスクスケジューリングといいます。

スポンサーリンク

到着順方式ってなに?

到着順方式とは、タスクスケジューリング方式の中でも非常にシンプルな方式です。

「到着順方式」という名前の通り、実行可能状態になったタスクを順番に並ばせ、並んだ順にCPUに処理させる流れとなります。

タスクに優先順位の概念がない為、実行の途中でCPUの使用権が奪われることがありません

ポイント

到着順方式とは、順番に処理を行うシンプルな方式です。

到着順方式の流れ

以下の例は「タスクA」「タスクB」「タスクC」「タスクD」の順番で実行可能状態になったとします。到着順方式は実行可能状態になった順に並び、並んでいる順番に処理していきます

タスクAを処理

まずは「タスクA」を処理します。「タスクB」「タスクC」「タスクD」は「タスクA」が終わるまで順番待ちします。

到着順方式手順1

タスクBを処理

「タスクA」の処理が終了すると、次は「タスクB」の処理を行います。「タスクC」「タスクD」は「タスクB」が終わるまで順番待ちします。

 

到着順方式手順2

タスクCを処理

「タスクB」の処理が終了すると、次は「タスクC」の処理を行います。「タスクD」は「タスクC」が終わるまで順番待ちします。

到着順方式手順3

タスクDを処理

「タスクC」の処理が終了すると、次は「タスクD」の処理を行います。これで全ての処理が終了です。

到着順方式手順4

いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説