情報処理

内部結合と外部結合の違い

内部結合と外部結合

テーブルの結合には、内部結合外部結合があります。

内部結合と外部結合って何が違うの?
内部結合と外部結合の違いは次の通りです。

内部結合と外部結合の違い

内部結合:両方のテーブルに存在するデータを抽出する結合

外部結合:基準となるテーブルに存在すれば抽出する結合

スポンサーリンク

内部結合とは

内部結合とは、結合条件に指定している値が両方のテーブルに存在するデータを抽出する結合のことです。

例えば、以下は「社員」テーブルと「部署マスタ」テーブルを「社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID」の結合条件で内部結合した結果です。

INNER JOIN

内部結合した結果、結合条件である「部署ID」が両方のテーブルに存在している「部署ID」"1"と"2"のデータが抽出されています。

 

内部結合する場合は、SQLの「INNER JOIN」もしくは「WHERE句」により内部結合することができます。

■INNER JOINを使った例

SELECT

社員.社員ID, 社員.社員名, 社員.部署ID, 部署マスタ.部署名

FROM

社員 INNER JOIN 部署マスタ ON 社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID;

■WHEREを使った例

SELECT

社員.社員ID, 社員.社員名, 社員.部署ID, 部署マスタ.部署名

FROM

社員, 部署マスタ

WHERE

社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID;

外部結合とは

外部結合とは、基準となるテーブルに存在すれば抽出する結合のことです。

どちらのテーブルを基準にするかを指定し、その基準となるテーブルに存在するデータを抽出、基準ではないテーブルからは抽出できるデータのみ取得します。

左外部結合(LEFT OUTER JOIN)

左側のテーブルを基準とするのが「左外部結合」(LEFT OUTER JOIN)です。

例えば、以下は「社員」テーブルと「部署マスタ」テーブルを「社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID」の結合条件で左外部結合した結果です。

LEFT JOIN

左外部結合した結果、基準となる「社員」テーブルに存在するデータを抽出し、「部署マスタ」テーブルからは条件に一致したデータのみ抽出しています。

そのため、部署IDが「社員」テーブルにしか存在しない部署ID「4」のレコードは、「社員」テーブルの項目(カラム)である社員ID、社員名、部署IDしか設定されていません。(部署名はNULL)

 

左外部結合する場合は、SQLの「LEFT OUTER JOIN」を使用します。※OUTERは省略可能

■LEFT OUTER JOINを使った例

SELECT

社員.社員ID, 社員.社員名, 社員.部署ID, 部署マスタ.部署名

FROM

社員 LEFT OUTER JOIN 部署マスタ ON 社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID;

スポンサーリンク

右外部結合(RIGHT OUTER JOIN)

右側のテーブルを基準とするのが「右外部結合」(RIGHT OUTER JOIN)です。

例えば、以下は「社員」テーブルと「部署マスタ」テーブルを「社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID」の結合条件で右外部結合した結果です。

RIGHT JOIN

右外部結合した結果、基準となる「部署マスタ」テーブルに存在するデータを抽出し、「社員」テーブルからは条件に一致したデータのみ抽出しています。

そのため、部署IDが「部署マスタ」テーブルにしか存在しない部署ID「3」のレコードは、「部署マスタ」テーブルの項目(カラム)である部署ID、部署名しか設定されていません。(社員ID、社員名はNULL)

 

右外部結合する場合は、SQLの「RIGHT OUTER JOIN」を使用します。※OUTERは省略可能

■RIGHT OUTER JOINを使った例

SELECT

社員.社員ID, 社員.社員名, 部署マスタ.部署ID, 部署マスタ.部署名

FROM

社員 RIGHT OUTER JOIN 部署マスタ ON 社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID;

完全外部結合(FULL OUTER JOIN)

完全外部結合(FULL OUTER JOIN)は、両方のテーブルを基準とし、それぞれに一致しないレコードも抽出結果に含めます。

例えば、以下は「社員」テーブルと「部署マスタ」テーブルを「社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID」の結合条件で完全外部結合した結果です。

FULL JOIN

「社員」テーブル、「部署マスタ」テーブルの両方のテーブルに存在するデータを抽出(部署IDが一致しないレコードも抽出対象に含める)しています。

 

完全外部結合する場合は、SQLの「FULL OUTER JOIN」を使用します。※OUTERは省略可能

■FULL OUTER JOINを使った例

SELECT

社員.社員ID, 社員.社員名, 社員.部署ID, 部署マスタ.部署名

FROM

社員 FULL OUTER JOIN 部署マスタ ON 社員.部署ID = 部署マスタ.部署ID;


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします