データベース

主キー(primary key)とは

主キー(primary key)

主キーとは

主キー(英:primary key、略:PK)とは、関係データベースのテーブル内で行(レコード)を一意に特定するための項目(カラム)のことです。

データベースには、大量のデータが保存されます。その大量のデータの中から、行(レコード)を特定するためには「鍵となる情報」が必要です。

例えば、社員の住所が変わった時、データベースを更新する必要があります。その時、行(レコード)を特定する情報がなければ、その社員を見つけることができません。そのため、データベースには行(レコード)を特定するための「鍵となる情報」が含まれています。それが主キーです。

社員番号

主キーは、行(レコード)を一意に特定するための情報です。名前でも特定することはできそうですが、同姓同名の存在が否定できないため、主キーには使えません。

そのため、社員番号や製造番号を主キーとして扱います。また一意となる項目がない場合は、テーブル内で一意となるようにIDを採番することもよくあります。

レコードの中で主キーとして選択可能な項目のことを「候補キー」、「候補キー」のうち、主キー以外のものを「代理キー」といいます。

複合キー

1つの項目(カラム)ではなく、複数の項目(カラム)を主キーとして組み合わせ、行(レコード)を一意にすることもできます。

このように複数列を組み合わせて主キーとしてものを「複合キー」(複合主キー)と呼びます。

複合キー

上記は、複合キーのイメージ図です。

学年、組、出席番号を主キーとして、3つの列(カラム)を組み合わせることで行(レコード)を一意に特定することができます。

整合性制約

整合性制約とは、データベースに格納されているデータの整合性を保つために定められた制約のことです。

主キーの項目(カラム)には、次の制約が課せられます。

制約 説明
一意制約 データに重複がなく、必ず一意であること。主キーの項目(カラム)に同じデータが登録された場合、この一意制約でエラーとなる。
NOT NULL制約 NULLを許可しない。主キーの項目(カラム)にNULLが登録された場合、このNOT NULL制約でエラーとなる。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説