コンピュータ

ローカルとは

ローカル(local)

ローカルとは、一定の地方、地域、またそこに限られた特有の物や状態を表す言葉であり、ITの分野では自分側にある物を指す言葉です。

遠隔(離れた場所にある)を意味する言葉である「リモート」とは対義語です。

例えば、自分自身が使っているコンピュータをローカルマシン(ローカルコンピュータ)、離れた場所にあるコンピュータをリモートマシン(リモートコンピュータ)といいます。

リモートとローカル

その他にも、ローカルマシンが接続されているネットワークを「ローカルネットワーク」、リモートマシンが接続されているネットワークを「リモートネットワーク」

手元のコンピュータに直接繋がれた記憶装置を「ローカルストレージ」、コンピュータから離れた場所にあり通信ネットワークを通じてアクセスする記憶装置を「リモートストレージ」など、ローカルやリモートの言葉がついているものは沢山あります。

「サーバのファイルをダウンロードしてローカルに保存する」という使い方もあります。この場合は、自分自身が使っているローカルコンピュータに保存するという意味です。

 

自分側にある物を「ローカル〇〇」、離れた場所にあり自分側にない物を「リモート○○」といいます。

ポイント

  • ローカル:利用者側
  • リモート:利用者側ではない(離れた場所にある)

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2021 ITを分かりやすく解説