コンピュータ

レジスタとは

レジスタ

レジスタ(英:register)とは、CPU内部にある記憶装置のことです。容量は小さいが高速に読み書きできるのがレジスタの特徴です。

レジスタの役割

CPUは次のような手順で命令を順番に処理しています。命令を取り出して解読、解読した結果から対象データを読み出して実行という流れです。

CPUの命令実行手順

このとき「取り出した命令の情報」や「次はどの命令を取り出せばよいかの情報」を覚えておく必要があります。この役割を果たすのがCPU内部にあるレジスタです。

レジスタの種類

レジスタには次の種類があります。

名称 説明
命令レジスタ 取り出した命令を一時的に記憶しておくためのレジスタ
プログラムカウンタ 次に実行すべき命令が格納されているメモリ上の番地(アドレス)を記憶しておくためのレジスタ。次に実行すべき命令がメモリ上のどの番地に格納されているかを示す
ベースレジスタ プログラムをメモリ上にロードした時の先頭の番地(アドレス)を記憶しておくためのレジスタ。
インデックスレジスタ 連続したデータの取り出しに使うためのレジスタで、先頭からの相対位置を記憶している。配列など連続したデータに繰り返し同じ命令を適用する場合などに使用する
アキュムレータ 演算結果を一時的に記憶しておくためのレジスタ
汎用レジスタ 特に役割を限定していないレジスタ。状況に応じて様々な用途に用いることができる


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら