広告 コンピュータ

ルートフォルダとは

フォルダとは

フォルダとはコンピューター上でファイルなどを入れる「入れ物」のことです

フォルダという呼び方は、WindowsやMacで使われる名称で、UNIX系のOS(オペレーティングシステム)の場合は、フォルダではなくディレクトリと呼ばれています。

助手
助手

WindowsやMacでは「フォルダ」、UNIX系では「ディレクトリ」と呼びますが、どちらも同じ意味です。

コンピュータ上のファイルは、次のイメージのようにフォルダ(ディレクトリ)と呼ばれる階層構造を持つ仕組みで管理されています。

階層構造で管理されている

ルートフォルダとは

ルートフォルダ(英:root folder)とは、階層構造に唯一存在する最上位のフォルダのことです。UNIX系のOSの場合は、ルートディレクトリといいます。

Windowsでは、ドライブごとに「ルートディレクト」が存在します。

例えば、Cドライブのルートフォルダは「C:¥」、Dドライブのルートフォルダは「D:¥」のように、ドライブごとにルートフォルダが存在します。

次のイメージは、Cドライブの階層構造です。

ルートフォルダ

ファイル階層における最初または最上位のフォルダ(Cドライブ)のことを「ルートフォルダ」、「ルートフォルダ」以外のフォルダを「サブフォルダ」と呼びます。

Memo

  • ルート:階層構造に唯一存在する最上位の部分のこと。
  • フォルダ:ファイルなどを入れる「入れ物」のこと。フォルダはWindowsやMaxでの呼び方、UNIX系OSではディレクトリと呼ぶ。

ルートにあるフォルダなので、「ルート」+「フォルダ」で「ルートフォルダ」と呼ぶ。

helpful