ルーティングプロトコルとは

ネットワーク

ルーティングプロトコルとは

ルーティングプロトコル

ルーティングプロトコルとは、ネットワーク上の経路情報をルータ同士が交換する際に使用する通信プロトコルです。

ルーティングプロトコルで経路情報を交換し、ルータが保持している「ルーティングテーブル」を最新化します。「ルーティングテーブル」を最新化することで、ルータがどのルートが最適ルートであるか判断することができ、ネットワーク上での通信を可能としています。

スポンサーリンク

ルーティングとは

ルーティングとは、ネットワーク上で通信するための最適経路を導き出してくれる仕組みです。

ネットワーク層で動作するルータ(もしくは L3スイッチ)は、ルーティングテーブルと呼ばれる経路情報を保持しています。その経路情報と「届け先のIPアドレス」から最適な経路を導き出すのです。

 

それでは、ルーティングの流れを図解を利用して説明してきます。

ルーティング説明1

例えば、ネットワークAに所属している「PC1」が、ネットワークCに所属している「PC3」にデータを送るとします。

この時「PC1」はデフォルトゲートウェイに設定されている「ルータA」にデータを送信します。「ルータA」からの経路には「ルータB」と「ルータC」の2通りの経路が存在しています。

 

ルーティング説明2

「ルータA」はルーティングテーブルと呼ばれる経路情報を参照し、「PC3」がどのネットワークにいるのかをIPアドレスから判断し、最適な経路にデータを転送します。

上記図では「PC3」はネットワークCに所属しているので、「ルータC」にデータを転送しています。

 

ルーティング説明3

目的地である「PC3」を管理している「ルータC」まで、データが届いたので、後は「ルータC」から「PC3」へデータを送ります。

このように、ルータがルーティングテーブルを参照し最適な経路を導き出す仕組みを「ルーティング」といいます。

ルーティングテーブル

ルータが目的地までの最適ルートを導き出す際に使用するのが「ルーティングテーブル」です。ルーティングテーブルは経路に関する様々な情報を保持しています。

もし、ネットワーク上に新しいネットワークグループが追加になった場合、各ルータが管理している「ルーティングテーブル」にも新しい経路を追加してあげなければいけません

新しい経路が追加されなければ、追加されたネットワークグループへデータを届けることができません。なぜなら「ルーティングテーブル」に乗っていない経路情報は届けようがないからです。

スポンサーリンク

 

この「ルーティングテーブル」を最新化する方法は2通りあります。

1つ目は「スタティックルーティング」と呼ばれる方法。スタティックルーティングとは管理者が手動で新しいルートを登録する方法です。

2つ目は「ダイナミックルーティング」と呼ばれる方法。ダイナミックルーティングはルーティングプロトコルを使用して自動的に「ルーティングテーブル」を最新化する方法です。

ルータ同士がお互いに経路情報を交換しあい「ルーティングテーブル」を最新化していきます。

ルーティングプロトコル「EGP」と「IGP」の違い

ルーティングプロトコルには、まず大きく分けて2種類に分かれます。自律システム(AS)間でのルーティングと自律システム(AS)内でのルーティングです。

自律システム(AS)とは、ネットワークの集合体(グループ)のことで、企業やプロバイダなどが当てはまります。

ルーティングプロトコル

上記図のように自律システム間(AS)で使われているルーティングプロトコルをEGP(Exterior Gateway Protocol)、自律システム内(AS)で使われているルーティングプロトコルをIGP(Interior Gateway Protocol)と呼びます。

 

EGPとIGPには次のような種類のルーティングプロトコルが存在します。

名称 種類
EGP EGP (Exterior Gateway Protocol)
BGP (Border Gateway Protocol)
IGP RIP (Routing Information Protocol)
OSPF (Open Shortest Path First)
IS-IS (Intermediate Sysytem to Intermediate Sysytem)
IGRP (Interior Gateway Routing Protocol)
EIGRP (Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)

 

自律システム内(AS)で使われているルーティングプロトコルをIGPには、更に3種類に分けることができます。

名称 説明 対象のルーティングプロトコル
ディスタンスベクタ型 距離と方向により最適ルートを決定する方式。比較的古いタイプのルーティングプロトコル。 RIP,IGRP
リンクステート型 各ルータの接続情報を交換しあい情報をデータベース化し計算結果より最適ルートを決定する方式。 OSPF,IS-IS
ハイブリッド型 ディスタンスベクタ型とリンクステート型を組み合わせて作られた方式。 EIGRP

\ 参考になりましたか? /

© 2020 ITを分かりやすく解説