コンピュータ

モジュールとは?ライブラリ、コンポーネントとの違い

モジュール(module

ソフトウェア開発の現場にいると「モジュール」という言葉をよく耳にします。「モジュール」「ライブラリ」「コンポーネント」など、当たり前のように使われている言葉です。

エンジニア同士では、当たり前のように使われている言葉ですが、実際は「モジュールって何?」と検索エンジンで調べたことがあるエンジニアも多いのではないでしょうか。

本記事では、モジュールについて紹介していきます。

スポンサーリンク

モジュールって何?

モジュールとは、部品を意味する言葉であり、部品単独でも動作することは可能だが、他の部品と組み合わせて使用するものです。

ソフトウェア開発では、機能別に分けて開発することがよくあります。例えば、下記の図のように「検索機能」「登録機能」「削除機能」と機能別に分けて、その機能に対して担当者が開発を行う形です。

モジュール

機能単位で担当者を分けて「製造」、そして「単体テスト」を行うことで、開発効率をあげることができます。また、機能別に分けることで 機能を入れ替えたり、新しく機能を追加したり、不要となった機能を削除することもできます。

この部品単独で動作する機能のことを「モジュール」と呼びます。

モジュールを繋ぎ合わせるテストが「結合テスト」であり、モジュールを繋ぎ合わせることで、システム(ソフトウェア)が完成します。

モジュールとコンポーネントの違い

モジュールとコンポーネントは、どちらも部品を意味する言葉です。

モジュールの特徴は、機能単独でも動作することが可能な点です。そのため、モジュール単位で単体テストを実施することができます。

それに対して、コンポーネントは機能単独では使用しないのが特徴です。あくまでも他のプログラムから呼び出されて使用するための部品であり、プログラム部品のことをコンポーネントと呼ぶことが多いです。

モジュールとライブラリの違い

ライブラリとは、ある特定の機能をもったプログラムを、他のプログラムから呼び出せるように部品化したものです。

複数の機能のプログラムをまとめて部品化したものであり、ライブラリ自体は単独で実行することはできず、他のプログラムの一部として動作します。

ライブラリとは

例えば、JavaのJARファイルはライブラリです。ライブラリとして提供されているので、そのライブラリを使うことで、その機能を一から開発する必要がなくなります。

モジュールとの違いは、モジュールは内部の部品を意味する言葉なのに対し、ライブラリは既に作られて提供されている部品の集まりを意味する言葉です。

まとめ

本記事では、「モジュール」「コンポーネント」「ライブラリ」について紹介しました。

まとめ

  • モジュール:部品単独で動作し、他の部品と組み合わせて使うもの
  • コンポーネント:部品単独では動作しないプログラム部品のこと
  • ライブラリ:他のプログラムから呼び出して使えるように部品化したもの

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説