コンピュータ

ミラーリングとは

ミラーリング

ミラーリングとは、同じ内容を同時に複数に反映することです。

複数のディスクに同じ内容を書き込む(RAID1)ときや、スマートフォンの画面をテレビ画面に表示するときなどでミラーリングという言葉を使います。

RAIDのミラーリング

RAIDとは、複数のディスクを1台のディスクとして運用する技術のことです。

ハードディスクは故障するとディスクに保存してあるデータをすべて失う可能性があります。この問題を解決するための手法のひとつがRAID(RAID1)です。

RAID1では、複数台のディスクに対して同時に同じ内容を書き込みます。この処理のことを「ミラーリング」といいます。

次の図はミラーリングのイメージ例です。2台のディスクに同じ内容を書き込んでいます。

RAID1イメージ例

ミラーリングしておけば、いずれか1台が故障してもデータを失わずそのまま継続稼働することができます。

画面表示のミラーリング

1台のコンピュータに複数のディスプレイに接続し、それぞれのディスプレイに同じ画面を表示することをミラーリング(画面ミラーリング、ディスプレイミラーリング)といいます。

ミラーリングを利用することで、複数の人と同じ画面を共有することができます。また、スマートフォンをテレビにミラーリングすることで、大画面でスマートフォンの映像を見ることができます。

ディスプレイミラーリングのイメージ例

スマホの画面をテレビにミラーリングすることで、映画や動画、ゲームを大画面で楽しむことができます。

サーバのミラーリング

複数のサーバが同じ内容を提供できるようにすることをミラーリングといい、複製されたサーバをミラーサーバといいます。

ミラーサーバを用意する目的は、バックアップ負荷分散です。

複数のサーバが同じ内容を提供することで、1台が故障やメンテナンスで停止してもサービスを継続できます。また、アクセスを分散することで1台あたりの負荷を軽減することができます。