コンピュータ

ミドルウェアとは

ミドルウェア

ミドルウェアとは

ミドルウェアとは、アプリケーションとオペレーティングシステム(OS)の中間に入るソフトウェアのことで、オペレーティングシステム(OS)の機能拡張やアプリケーションの共通的な機能を集めたものです。

ミドルウェアとは

多くのアプリケーションで共通して利用される機能を、個別に開発するのは非効率です。そのため、共通的な機能をミドルウェアとして提供しています。

また、ミドルウェアの中には複数のオペレーティングシステム(OS)やハードウェアに対応していることも多く、様々なプラットフォームで動作するアプリケーションの開発を容易にするというメリットがあります。

ミドルウェアの種類

ミドルウェアは、様々な種類があります。(データベース管理システム(DBMS)、トランザクションモニタ、Webサーバ、アプリケーションサーバ、クラスタソフト、データ連携ツールなど)

今回の例では代表的なミドルウェアである「データベース管理システム」と「Webサーバ」について紹介します。

データベース管理システム(DBMS)

データベース管理システム(DBMS)とは、データベースを管理し、外部ソフトウェアからの要求に対してデータベースの操作を行う専門のソフトウェアです。

代表的なデータベース管理システム(DBMS)には次のようなものがあります。

名称 説明
Oracle 米国オラクル (Oracle) が開発・販売しているデータベース管理システム
DB2 IBMが開発・販売しているデータベース管理システム
SQL Server マイクロソフトが開発・販売しているデータベース管理システム
MySQL オープンソースのデータベース管理システム
PostgreSQL オープンソースのデータベース管理システム

Webサーバ

Webサーバとは、Web上で利用者のコンピュータに対しネットワークを通じて情報や機能を提供するサーバのことです。

Webサーバで使用されるミドルウェアには「Apache」「Internet Information Server(IIS)」「Nginx」「LiteSpeed」などがあります。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説