コンピュータ

プラグアンドプレイとは

プラグアンドプレイ

プラグアンドプレイ(英:Plug and Play)とは、コンピュータに周辺機器などを接続するとOSが自動的に設定を開始する仕組みのことです。ドライバの自動インストール機能とも呼ばれています。

Windows 95の主要機能の1つとして登場したもので、現在では ほとんどの機器がプラグアンドプレイに対応しています。

プラグアンドプレイのイメージ図

初期のコンピュータは周辺機器を接続してもすぐには使えず、接続した機器を動かすための設定(デバイスドライバのインストールなど)を利用者自身が行う必要がありました。

プラグアンドプレイでは、コンピュータに周辺機器を接続するだけで、接続した機器を動かすための設定(デバイスドライバーのインストールなど)をOSが自動的に行い、利用者が特に何もしなくても機器を利用可能な状態にしてくれます。

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら