プライベート

ネットワーク

プライベートIPアドレスとは

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスとは、家庭や会社などの組織内のネットワーク(プライベートネットワーク)で使用するIPアドレスです。組織内で重複しないようにアドレスが割り当てられます。

次の図は、プライベートIPアドレスのイメージ例です。

プライベートIPアドレス

上記図では、左側が「プライベートネットワーク」、右側が「インターネット」、そして「プライベートネットワーク」と「インターネット」の間にはブロードバンドルータがあり、インターネットサービスプロバイダ(ISP)を利用しているとよくある一般的な形です。

プライベートネットワーク内のコンピュータには、プライベートIPアドレスが付与されています。

プライベートIPアドレスを使うことで、プライベートネットワーク内で他のコンピュータと通信することができます。

スポンサーリンク

 

しかし、プライベートネットワークの外にあるコンピュータと通信するためには、グローバルIPアドレスが必要です。

プライベートIPアドレスでは、インターネット上で通信できません

そのため、ルータ(ブロードバンドルータ)が、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換してインターネットに接続します。このプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する仕組みをNAT(Network Address Translation)といいます。

なぜプライベートIPアドレスが必要なのか?

プライベートIPアドレスが登場した背景には、IPv4の「IPアドレス枯渇問題」があります。IPアドレス枯渇問題とは、IPアドレスの数が足りなくなるという問題です。

IPアドレスは、インターネット上で通信するための住所です。そのため、IPアドレスは必ずユニーク(重複してはいけない)である必要があります。

そこで、すべてのコンピュータがインターネットにアクセスできる必要はないという概念のもとに、組織内のコンピュータには一定範囲のIPアドレスをプライベートIPアドレスとして割り当てるという仕組みが生まれました。

プライベートIPアドレスイメージ図

世界中で重複しないように割り当てる必要があるグローバルIPアドレスとは違い、プライベートIPアドレスは、組織内(プライベートネットワーク)で重複しなければよいのです。

上記図では「プライベートネットワークA」と「プライベートネットワークB」のコンピュータに同じプライベートIPアドレスが付与されているが、組織(プライベートネットワーク)が異なるため問題ありません。

このように、IPアドレスを節約するための仕組みがプライベートIPアドレスです。

 

また、プライベートIPアドレスは、セキュリティ面でもメリットがあります。インターネット上で通信するためには、必ずルータ(ブロードバンドルータ、デフォルトゲートウェイ)を経由します。このルータには、セキュリティ機能があるため、ルータを経由することで、セキュリティ面の強化が期待できます。

プライベートIPアドレスの範囲

プライベートIPアドレスは範囲が決まっています。自身のコンピュータに設定されているIPアドレスが以下の範囲内であれば「プライベートIPアドレス」ということが分かります。

クラス 範囲
クラスA 10.0.0.0~10.255.255.255
クラスB 172.16.0.0~172.31.255.255
クラスC 192.168.0.0~192.168.255.255

プライベートIPアドレスの確認方法

Windows上で自身のIPアドレスを調べるには、コマンドプロンプトを起動し「ipconfig」コマンドで調べることができます。

ブロードバンドルータなどを介してインターネットに接続している場合、「ipconfig」コマンドで表示されるIPアドレスのほとんどは「プライベートIPアドレス」です。ただし、ブロードバンドルータなど介していない場合は、グローバルIPアドレスが表示されます。

IPアドレス確認方法

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら