コンピュータ

バイナリデータとは

バイナリデータ(binary data)

バイナリデータってなに?テキストデータとの違いは?

バイナリデータ(binary data)とは、コンピュータが理解しやすいデータであり、テキストデータ以外のデータのことです。

バイナリデータは、コンピュータが直接的に処理することができるようになっているため、人が読んでも理解することができません。それに対してテキストデータは、人が理解できる内容のデータです。

バイナリデータ

上記図は、バイナリデータ と テキストデータのイメージ図です。

ポイント

バイナリデータ:コンピュータが理解しやすいデータ

テキストデータ:人が理解しやすいデータ

バイナリデータって具体的にどんなファイル?

バイナリデータは、画像ファイルや音声ファイル、動画ファイル、圧縮ファイルなど、コンピュータが扱えるファイルは、すべてバイナリデータです。

バイナリデータの種類

一般的に テキストデータ以外のデータは、すべて バイナリデータと言われているが、厳密にはテキストデータもバイナリデータの一種です。(テキストデータも元は2進数であり、コンピュータが取り扱うことができるデータ)

コンピュータが扱えるすべてのデータ(テキストデータも含む)は バイナリデータだが、データの種類を区別する便利上、テキストデータとバイナリデータに分けて表現しています。

バイナリデータの内容はどうやって確認・編集するの?

Windowsのメモ帳を開き、バイナリデータである画像ファイルや音声ファイルをメモ帳にドラッグ&ドロップすれば、バイナリデータを表示させることができます。ただ、文字化けして表示されるため、内容を理解することは困難です。

また、バイナリエディタを用いることで、バイナリデータの内容を16進数で表示させ、編集することができます。

まとめ

本記事では、バイナリデータについて、そして テキストデータとの違いについて紹介しました。

データの種類 ファイル 編集ソフト 説明
テキストデータ テキストファイル テキストエディタ 人が理解しやすいデータ
バイナリデータ バイナリファイル(画像ファイル、音声ファイル、動画ファイル、圧縮ファイルなど) バイナリエディタ コンピュータが理解しやすいデータ、そして テキストデータ以外のデータ。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説