通信

情報処理

トランスポート層のプロトコル一覧

主なトランスポート層のプロトコル

主なトランスポート層で使われるプロトコルは次の通りです。

プロトコル 説明
TCP(Transmission Control Protocol) 信頼性の高い通信を提供するプロトコル
UDP(User Datagram Protocol) リアルタイム性を重視した通信を提供するプロトコル

TCP(Transmission Control Protocol)

TCP(Transmission Control Protocol:トランスミッション コントロール プロトコル)とは、信頼性の高い通信を提供するためのプロトコルです。

TCPはコネクション型のプロトコルであり、通信相手とまるで会話をするかのようにやり取りをしながら通信を行うのが特徴です。

TCPのイメージ図は次の通りです。

TCPとは

送信者がデータが送信すると、受信者は正常にデータが届いたことを送信元に返信します。送信者は、受信者からの返信を確認することで、確実にデータが送られたことを確認することが出来ます。

また、TCPではデータの送信に失敗した場合や、データが欠落してしまった場合でも再送する仕組みがあります。次のように、データを送信した後に相手からの返信がない場合は、一定時間経ってから再送を試みます。

 

TCP再送信

このようにTCPは信頼性の高い通信を提供するプロトコルです。

UDP(User Datagram Protocol)

UDP(User Datagram Protocol:ユーザ データグラム プロトコル)とは、リアルタイム性(速度)を重視した通信を提供するプロトコルです。

UDPはコネクションレス型のプロトコルであり、相手にデータが届いたかの確認はせず、一方的にデータを送るのが特徴です。

UDPのイメージ図は次の通りです。

UDPとは

UDPでは、通信相手の状態は確認しません。一方的にデータを送信することでリアルタイム性を重視しています。そのため、多少のデータの欠落があっても高速性やリアルタイム性を重視する通信で使われています。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説