コンピュータ

スワップアウトとは

スワップアウト

スワップアウトとは

スワップアウト(英:swap-out)とは、主記憶装置の空き領域が少ないとき、一時的に優先度の低いプログラムをハードディスクなどの補助記憶装置に移すことです。

スワップ(swap)とは、交換という意味の英単語です。

次の図は、スワップアプトのイメージ例です。主記憶装置にロードしていた「プログラムC」を補助記憶装置に退避させることで、主記憶装置に空き領域を作っています。

スワップアウトのイメージ例

そして、スワップアウトしたプログラムを、主記憶装置に戻すことを「スワップイン」といいます。

次の図は、スワップインのイメージ例です。スワップアウトにより補助記憶装置に退避していた「プログラムC」を主記憶装置に再ロードしています。

スワップインのイメージ例

チェック

  • スワップアウト:主記憶装置のプログラムを補助記憶装置に退避すること
  • スワップイン:補助記憶装置に退避したプログラムを主記憶装置に戻すこと

スワップアウトとページアウトとの違い

ページアウト(英:page-out)とは、主記憶装置の空き領域が少ないとき、一時的にページを補助記憶装置に移すことです。

スワップアウトとページアウトは、どちらも主記憶装置にロードされている内容を、一時的に補助記憶装置に移すことであり、ほとんど同じ意味ですが、厳密には区別されています。

スワップアウトは、プロセス単位(プログラム全体)で補助記憶装置に退避するのに対し、ページアウトは、ページ単位(プログラムを細かく分割したもの)で補助記憶装置に退避します。

チェック

  • スワップアウト:プロセス単位で補助記憶装置に退避する
  • ページアウト:ページ単位で補助記憶装置に退避する