コンピュータ

オブジェクトコードとは

オブジェクトコード

オブジェクトコード(英:object code)とは、プログラミング言語で書かれたソースコードをコンピュータが直接実行できる形式に変換したコードのことです。

プログラミング言語は人間が解釈しやすいように作られているため、そのままではコンピュータは理解できません。そのためコンパイラインタプリタなどを使い、コンピュータが解釈できる形式のコード(機械語)に変換してから実行します。

このコンパイラやインタプリタなどで生成したコードのことをオブジェクトコードといいます。

次の図は、コンパイラのイメージ例です。

 

コンパイラのイメージ例

コンパイラは、プログラミング言語で書かれた「ソースコード」を入力とし、コンピュータが解釈できる機械語(オブジェクトコード)を生成します。

このように、プログラミング言語で書かれた「ソースコード」はコンパイラやインタプリタを使い、機械語(オブジェクトコード)に変換してから実行します。

コンパイラによって変換される前のコードを「ソースコード」、変換後のコードを「オブジェクトコード」と呼びます。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら