IT用語

インポートとエクスポートの違い

インポートとエクスポートの違い

インポートとエクスポートの違いは、以下の通りです。

  • ソフトからデータを外部に出力するのが「エクスポート」
  • 「エクスポート」により出力したデータをソフトに取り込むのが「インポート」

インポートとエクスポート

インポート(import)は英語で「輸入」、エクスポート(export)は「輸出」という意味。

 

スポンサーリンク

メールソフトを例として「インポート」と「エクスポート」について具体的に説明していきます。

アドレス帳をコピーしたい

例えば、新しいパソコンを購入した場合、古いパソコンから「メールソフト」のアドレス帳を新しいパソコンにも反映したいということは、よくある事だと思います。このような問題を解決するために「インポート」と「エクスポート」があります。

インポートとエクスポートの例

以下の手順で新しいパソコンにアドレス帳を反映します。

  1. 旧パソコンのメールソフトから「アドレス帳」をエクスポート(取り出す)します。
  2. 新しいパソコンのメースソフトに、旧パソコンからエクスポートした「アドレス帳」をインポート(取り込む)します。

これで新しいパソコンにも、古いパソコンと同じ「アドレス帳」が反映されました。

 

このようにソフトから特定のデータを取り出すのが「エクスポート」

「エクスポート」したデータをソフトの取り込むのが「インポート」

 

また「エクスポート」は、データのバックアップという目的でも使用されます。「エクスポート」によりデータをバックアップしておくことで、問題が発生した時、「エクスポート」したデータに戻すことができます。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.