アーカイブ (archive) とは

コンピュータ

アーカイブ (archive) とは

アーカイブ (archive)ってなに?

インスタ(Instagram)やメールでよく使われるアーカイブという言葉。

当たり前のように使われていますが、正直、意味をしっかり理解していないで使っている人も多いのではないでしょうか。

アーカイブ(archive)とは、簡単に説明すると「ファイルやディレクトリを一箇所に集めること」または、「ファイルやディレクトリを一箇所に集める場所」のことをいいます。

よく使われる言葉では「アーカイブに移動する」または「アーカイブを作る」という表現で使用されることが多いです。

スポンサーリンク

アーカイブに移動する

アーカイブに移動

「アーカイブに移動」という場合は、保管場所のことをアーカイブといいます。写真や音楽、テキストファイルなどを一ヵ所に集めて保管します。

Instagram(インスタグラム)の「アーカイブ機能」は、公開した写真や動画を他のユーザーに見られない形で非公開にする機能です。アーカイブと呼ばれる場所に写真や動画を保管することで、投稿した本人だけが閲覧可能となります。

Gmailの「アーカイブ機能」もInstagram(インスタグラム)と似ており、受信メールから非表示にする機能です。削除とは違い、保管しておきたい重要なメールをアーカイブと呼ばれる場所に保管することで、沢山ある受信メールに埋もれることなく、受信メールの整理が可能です。

アーカイブを作る

アーカイブを作る

「アーカイブを作る」という場合は、一ヵ所に集めることをアーカイブといいます。写真や音楽、テキストファイルなどを一ヵ所に集めて保管します。

「アーカイブに移動する」と「アーカイブを作る」はアーカイブの表現は違いますが、結果は同じです。

圧縮とアーカイブの違い

圧縮とアーカイブは、どちらも複数のファイルを1つにまとめることをいいます。

圧縮とアーカイブの違いは、アーカイブは複数のファイルを一ヵ所にまとめるのに対し、圧縮は一ヵ所にまとめた後、無駄なデータを省きデータを小さくして保管することをいいます。

 

Windowsで広く使われているZIP形式などの圧縮は、ファイルの圧縮と複数のファイルをまとめるアーカイブを同時に行う為、アーカイブと圧縮が同じような意味で扱われることがあります。

しかし本来であれば、Linuxのように「tar」コマンドで、複数のファイルを1つにまとめたアーカイブファイルを作成した後に「gzip」コマンドで圧縮するのです。(※tarコマンドはオプションを指定することで同時に圧縮することも可能)

ポイント

アーカイブとは:一ヵ所に複数のファイルをまとめること

圧縮とは:アーカイブファイルのデータサイズを小さくする為に無駄なデータを省くこと

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説