コンピュータ

アプリケーションとは

アプリケーションソフトウェア

アプリケーションとは

アプリケーションソフトウェア(英:application software)とは、表計算ソフトやメールソフトなどのようにある特定の機能や目的のために作られたソフトウェアのことです。

アプリケーション(英:application)やアプリ(英:app)と略されて使われることが多いです。

アプリケーションとは

代表的なアプリケーションソフトウェアには、ワープロソフト(Microsoft Word)や表計算ソフト(Microsoft Excel)、映像・音楽再生ソフト(メディアプレーヤー)、Webブラウザ、電子メールソフトなどがあります。

その他にもデータベース管理システム(DBMS)、カレンダー・スケジュール管理ソフト、地図閲覧ソフト、スマートフォンのアプリなど、さまざまなアプリケーションソフトウェアが存在します。

システムソフトウェアとの違い

ソフトウェアには「アプリケーションソフトウェア」と「システムソフトウェア」が存在します。

コンピュータのオペレーション(操作・運用・運転)を司るソフトウェアである、オペレーティングシステム(OS)は「システムソフトウェア」です。

アプリケーションソフトウェア

上記図は「アプリケーションソフトウェア」と「システムソフトウェア」のイメージ図です。

コンピュータのハードウェア管理や制御を行うソフトウェアである「システムソフトウェア」には、オペレーティングシステム(OS)やデバイスドライバなどがあります。

それに対し「アプリケーションソフトウェア」には表計算ソフトやメールソフトなどがあります。

「システムソフトウェア」と「アプリケーションソフトウェア」は対義語として扱われている言葉だが、その区別や境界が明確になっていないため、ソフトウェアによっては「システムソフトウェア」なのか「アプリケーションソフトウェア」なのか議論の元になることもあります。

チェック

システムソフトウェア:ハードウェア管理や制御を行うソフトウェア

アプリケーションソフトウェア:利用者の目的に応じて作られたソフトウェア


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら


よろしければ記事の評価をお願いします