IT用語

アドオンとは

アドオンとは

アドオン(add-on)って何?

アドオンとは、ソフトウェアに後から機能追加できる拡張機能のことをいいます。

アドオンの英語表記は「add-on」であり、「add-on」の意味は「add」は追加する、「on」は〜の上にという意味です。

英語表記の通り、既にあるソフトウェアの上に追加する拡張機能のことをアドオンといいます。

スポンサーリンク

アドオンは、一般的にWebブラウザの拡張機能のことを指す言葉で使われることが多いです。

※Webブラウザとは、インターネットを閲覧する為のソフトウェアのことをいいます。

 

インターネットを閲覧する時に使用する「Internet Explorer」「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Firefox」「Safari」などのWebブラウザには様々な拡張機能(アドオン)が存在します。

Webブラウザに拡張機能(アドオン)を追加することで、Webブラウザの使い勝手をより便利にすることができ、自分好みにカスタマイズすることができます。

アドオンの有効・無効とは

インターネットを見ていると「アドオンを無効にすると、閲覧速度が上がります」という表示がでることがあります。

Webブラウザの拡張機能(アドオン)は便利な機能ですが、沢山の拡張機能を入れているとWebブラウザの表示速度が遅くなることがあるのです。

拡張機能(アドオン)が原因でWebブラウザの表示速度が遅いと感じる時は、拡張機能(アドオン)を無効にすることをお勧めします。

スポンサーリンク

アドイン(add-in)とは

アドイン(add-in)とは、アドオン(add-on)とほぼ同じ意味を持つ類似語です。

アドイン(add-in)とアドオン(add-on)を英語の意味は以下の通り。

  • 「add-on」の意味は「add」は追加する、「on」は〜の上に
  • 「add-in」の意味は「add」追加する、「in」は~の中に

アドオン(add-on)は、既にあるソフトウェアの上に機能を追加する。

アドイン(add-in)は、既にあるソフトウェアの中に機能を追加する。

という意味であり結果、アドオン(add-on)と同じ拡張機能のことをアドイン(add-in)とも呼ばれています。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.