Spring Boot

Spring Boot + JPAでデータを物理削除する

はじめに

前回の記事では「Spring Boot」と「Thymeleaf」を使用して詳細画面を作成しました。本記事では詳細画面から「削除」リンクを押下して、対象データを物理削除する方法を紹介します。

※論理削除をするのが一般的ですが、本記事では物理削除しています。

スポンサーリンク

[ユーザー情報一覧画面]

ユーザー情報一覧画面

[本記事で作成するユーザー詳細画面]

ユーザー詳細

 

ユーザー情報一覧画面の「詳細」ボタン押下で、ユーザー詳細画面に遷移。

一覧画面の作成方法はこちら

今回は、ユーザー詳細画面の「削除」ボタンを押下 → 対象データを物理削除 → ユーザー情報一覧画面へ戻るまでの流れを紹介します。

テーブル定義

今回の例で使用するテーブル定義は次のとおり。

[テーブル定義]

物理名 論理名 データ型 NOT NULL 説明
id ID BIGINT 主キー(AUTO_INCREMENT)
name 名前 VARCHAR(100) ユーザーの名前
address 住所 VARCHAR(255) ユーザーの住所
phone 電話番号 VARCHAR(50) ユーザーの電話番号
update_date 更新日時 DATETIME 最終更新日時
create_date 作成日時 DATETIME 登録日時
delete_date 削除日時 DATETIME 論理削除した日時

開発環境

開発環境は以下のとおり。

開発環境 名称 説明
開発言語 Java 人気の開発言語
開発ツール Eclipse Javaでの定番開発ツール
フレームワーク Spring Boot 人気のSpringフレームワークをベースとしたフレームワーク
テンプレートエンジン Thymeleaf Spring Bootと相性が良いテンプレートエンジン
データベース MySQL フリーで利用できる人気データベース

その他 データベースへの接続は「Spring Data JPA」、画面のデザインには「Bootstrap」を使用しています。

ディレクトリ構成

ディレクトリ構成は次のとおり。

springSample
  |
  |___src.main.java
       |
       |___com.example.demo
       |    |
       |    |___controller
       |    |    |
       |    |    |__UserController.java
       |    |
       |    |___entity
       |    |    |
       |    |    |___User.java
       |    |
       |    |___repository
       |    |    |
       |    |    |___UserRepository.java
       |    |
       |    |___service
       |         |
       |         |___UserService.java
       |
       |___src.main.resources
            |
            |___templates
            |    |
            |    |___common
            |    |    |
            |    |    |___head.html 
            |    |
            |    |___user
            |         |
            |         |___add.html
            |         |
            |         |___list.html
            |         |
            |         |___view.html
            |
            |___application.properties

バックエンド(サーバー)側のソースコード

コントローラークラス(UserController.java)

コントローラクラスの内容は以下のとおり。

package com.example.demo.controller;

import java.util.List;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.ui.Model;
import org.springframework.web.bind.annotation.GetMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.PathVariable;

import com.example.demo.entity.User;
import com.example.demo.service.UserService;

/**
 * ユーザー情報 Controller
 */
@Controller
public class UserController {

  /**
   * ユーザー情報 Service
   */
  @Autowired
  private UserService userService;

  /**
   * ユーザー情報一覧画面を表示
   * @param model Model
   * @return ユーザー情報一覧画面
   */
  @GetMapping(value = "/user/list")
  public String displayList(Model model) {
    List<User> userlist = userService.searchAll();
    model.addAttribute("userlist", userlist);
    return "user/list";
  }

  /**
   * ユーザー新規登録画面を表示
   * @param model Model
   * @return ユーザー情報一覧画面
   */
  @GetMapping(value = "/user/add")
  public String displayAdd(Model model) {
    return "user/add";
  }

  /**
   * ユーザー情報詳細画面を表示
   * @param id 表示するユーザーID
   * @param model Model
   * @return ユーザー情報詳細画面
   */
  @GetMapping("/user/{id}")
  public String displayView(@PathVariable Long id, Model model) {
    User user = userService.findById(id);
    model.addAttribute("userData", user);
    return "user/view";
  }

  /**
   * ユーザー情報削除
   * @param id 表示するユーザーID
   * @param model Model
   * @return ユーザー情報詳細画面
   */
  @GetMapping("/user/{id}/delete")
  public String delete(@PathVariable Long id, Model model) {
    // ユーザー情報の削除
    userService.delete(id);
    return "redirect:/user/list";
  }
}

ユーザー情報の削除は「delete」メソッドで実装。サービスクラスを呼び出し物理削除後、ユーザー情報一覧画面へリダイレクトしています。

ユーザー情報一覧画面へリダイレクトすると「displayList」メソッドが呼ばれます。「displayList」メソッドでは、一覧に表示する最新データを取得しています。

サービスクラス(UserService.java)

サービスクラスの内容は以下のとおり。

package com.example.demo.service;

import java.util.List;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.stereotype.Service;

import com.example.demo.entity.User;
import com.example.demo.repository.UserRepository;

/**
 * ユーザー情報 Service
 */
@Service
public class UserService {
  /**
   * ユーザー情報 Repository
   */
  @Autowired
  private UserRepository userRepository;

  /**
   * ユーザー情報 全検索
   * @return 検索結果
   */
  public List<User> searchAll() {
    return userRepository.findAll();
  }

  /**
   * ユーザー情報 主キー検索
   * @return 検索結果
   */
  public User findById(Long id) {
    return userRepository.findById(id).get();
  }

  /**
   * ユーザー情報 物理削除
   * @param id ユーザーID
   */
  public void delete(Long id) {
    User user = findById(id);
    userRepository.delete(user);
  }
}

JPAが提供している「findById」で対象データを抽出後、「delete」関数を使用してユーザー情報を物理削除しています。

エンティティクラス(User.java)

データベースから取得したデータを格納するエンティティクラスの内容は以下のとおり。「@Data」アノテーションを使用して、getter、setterの定義を省略しています。

package com.example.demo.entity;

import java.io.Serializable;
import java.util.Date;

import javax.persistence.Column;
import javax.persistence.Entity;
import javax.persistence.GeneratedValue;
import javax.persistence.GenerationType;
import javax.persistence.Id;
import javax.persistence.Table;

import lombok.Data;

/**
 * ユーザー情報 Entity
 */
@Entity
@Data
@Table(name = "user")
public class User implements Serializable {
  /**
   * ID
   */
  @Id
  @Column(name = "id")
  @GeneratedValue(strategy = GenerationType.IDENTITY)
  private Long id;
  /**
   * 名前
   */
  @Column(name = "name")
  private String name;
  /**
   * 住所
   */
  @Column(name = "address")
  private String address;
  /**
   * 電話番号
   */
  @Column(name = "phone")
  private String phone;
  /**
   * 更新日時
   */
  @Column(name = "update_date")
  private Date updateDate;
  /**
   * 登録日時
   */
  @Column(name = "create_date")
  private Date createDate;
  /**
   * 削除日時
   */
  @Column(name = "delete_date")
  private Date deleteDate;
}

リポジトリクラス(UserRepository.java)

データベースにアクセスする為のリポジトリクラスの内容は以下のとおり。

package com.example.demo.repository;

import org.springframework.data.jpa.repository.JpaRepository;
import org.springframework.stereotype.Repository;

import com.example.demo.entity.User;

/**
 * ユーザー情報 Repository
 */
@Repository
public interface UserRepository extends JpaRepository<User, Long> {}

フロントエンド(クライアント)側のソースコード

スポンサーリンク

ユーザー情報詳細画面(view.html)

共通ヘッダ(head.html)、ユーザー情報一覧画面(list.html)のHTMLは一覧画面作成の記事で紹介していますので、そちらの記事をご覧ください。

一覧画面作成の記事はこちら

ユーザー情報詳細のHTMLは以下のとおり。画面のデザインにはBootstrapを使用しています。

<!DOCTYPE html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
  xmlns:th="http://www.thymeleaf.org">
<head
  th:replace="common/head :: head_fragment(title = 'ユーザー情報詳細', scripts = ~{::script}, links = ~{::link})"></head>
<body>
  <div class="container">
    <h1>ユーザー情報詳細</h1>
    <div th:object="${userData}">
      <div class="row mx-md-n5">
        <div class="col-2 pt-3 border bg-light">名前</div>
        <div class="col pt-3 border">
          <p th:text="*{name}"></p>
        </div>
      </div>
      <div class="row mx-md-n5">
        <div class="col-2 pt-3 border bg-light">住所</div>
        <div class="col pt-3 border">
          <p th:text="*{address}"></p>
        </div>
      </div>
      <div class="row mx-md-n5">
        <div class="col-2 pt-3 border bg-light">電話番号</div>
        <div class="col pt-3 border">
          <p th:text="*{phone}"></p>
        </div>
      </div>
    </div>
    <br />
    <div class="text-center">
      <a th:href="@{/user/{id}/edit(id=*{id})}" class="btn btn-primary disabled" aria-disabled="true"> 編集 </a>
      <a th:href="@{/user/{id}/delete(id=*{id})}" class="btn btn-secondary"> 削除 </a>
      <a href="/user/list" class="btn btn-secondary">一覧に戻る</a>
    </div>
  </div>
</body>
</html>

動作確認

Spring Bootプロジェクトを実行して http://localhost:8080/user/list へアクセスします。

一覧画面のイメージ

ユーザー情報一覧画面が表示されるので、一覧から対象ユーザーの「詳細」ボタンを押下します。

ユーザー詳細

ユーザー情報詳細画面が表示されるので「削除」ボタンを押下するとユーザー情報一覧画面へ戻ります。削除したデータがユーザー情報一覧画面に表示されていなければ完了です。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら