SQL

2021/2/9

【SQL】TRUNCATEの使い方(テーブル再作成)

TRUNCATEの基本構文 SQLのTRUNCATE文を使うことで、テーブルを再作成(テーブルごと削除してから再作成)することができます。 TRUNCATEの基本構文 TRUNCATE  TABLE  表名; 本記事では、TRUNCATE 文を用いてテーブルを再作成する方法について解説しています。 スポンサーリンク TRUNCATE文の書き方 テーブルを再作成する それでは、TRUNCATE文を用いてテーブルを再作成します。次の例では「item」テーブルを「TRUNCATE」を用いて再作成しています。 ■ ...

2021/2/8

【SQL】DELETE文の書き方(レコードの削除)

DELETE文の基本構文 SQLのINSERT文を使うことで、データベースのテーブルにレコードを削除することができます。 DELETE文の基本構文 DELETE  FROM  表名  WHERE  条件; ※削除条件を指定しない場合は「WHERE 条件」は不要 本記事では、DELETE文を用いてテーブルにレコードを削除する方法について解説しています。 スポンサーリンク DELETE文の書き方 条件を指定してテーブルのレコードを削除する それでは、DELETE文を用いて「item」テーブルの指定したレコード ...

2021/2/7

【SQL】UPDATE文の書き方(レコードの更新)

【SQL】UPDATE文の基本構文 SQLのUPDATE文を使うことで、データベースのテーブルのレコードを更新することができます。 UPDATE文の基本構文 UPDATE  表名 SET 列名  =  値 WHERE  更新条件; 本記事では、SQLのUPDATE文を用いてテーブルのレコードを更新する方法について解説しています。 スポンサーリンク UPDATE文の書き方 テーブルのレコードを更新する それでは、UPDATE文を用いて「item」テーブルのレコードを更新します。 ■更新前の「item」テーブ ...

2021/2/6

【SQL】INSERT文の書き方(レコードの追加)

INSERT文の基本構文 SQLのINSERT文を使うことで、データベースのテーブルにレコードを追加することができます。 INSERT文の基本構文 INSERT  INTO  表名  (列名1, 列名2, 列名3・・・) VALUES  (値1, 値2, 値3・・・) ; ※すべての列にデータをセットする場合、列名は省略可 本記事では、INSERT文を用いてテーブルにレコードを追加する方法について解説しています。 スポンサーリンク INSERT文の書き方 テーブルにレコードを追加する(列名指定) それでは ...

2021/2/4

【SQL】カラムに別名をつける(AS句)

【SQL】AS句の使い方(別名) SQLのAS句を使うことで、SELECT文で抽出したカラムに別名をつけることができます。 AS句の基本構文 SELECT  列名  AS  別名  FROM  表名; スポンサーリンク 本記事では、AS句を使用し抽出したカラムに別名をつける方法について解説しています。 また「itemテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【itemテーブル】 id ※PK name price category 1 商品A 1980 書籍 2 商品B 4 ...

2021/2/2

【SQL】GROUP BY句の使い方(グループ化)

集合関数 SQLには次のような集合関数が用意されています。 関数 説明 MAX(列名) その列の最大値を求める MIN(列名) その列の最小値を求める AVG(列名) その列の平均値を求める SUM(列名) その列の合計を求める COUNT(*) 行数を求める GROUP BY句を使用することで、同じ値同士のデータをグループ化、そして集合関数を使いグループごとに集計することができます。   本記事では、GROUP BY句を使用したグループ化、そして集合関数を使った集計のやり方について解説していま ...

2021/2/2

【SQL】UNION、UNION ALLの使い方

検索結果を統合(和集合)する 複数の検索結果を統合し、1つの結果にするには「UNION」または「UNION ALL」を使用します。 「UNION」は次の図のように和集合を求める構文です。(Aの取得結果とBの取得結果を統合) 「UNION」と「UNION ALL」の違いは、重複を含めるかどうかです。 UNION:重複を含めない(重複があったら除外) UNION ALL:重複を含む(すべて抽出) スポンサーリンク 本記事では、「UNION」の使い方について解説していきます。 また、次のようなデータが格納されて ...

2021/1/31

【SQL】NULLの取り扱い方(IS NULL)

【SQL】NULLの取り扱い方 NULLの判定には「IS NULL」や「IS NOT NULL」を使用します。本記事では、NULLの取り扱い方について解説しています。 また「itemテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【itemテーブル】 ID (id) ※PK 商品名 (name) 価格 (price) カテゴリ (category) 1 商品A 1980 本 2 商品B 4980 家具 3 商品C 7200 家具 4 商品D 500 NULL スポンサーリンク N ...

2021/1/30

【SQL】SELECT SUMの使い方(合計を求める)

【SQL】指定列の合計を求める SQLのSUM関数を使うことで、その列の合計を求めることができます。 SUMの基本構文 SELECT  SUM(列名)  FROM  表名;   本記事では、SUM関数を使用した合計値を求め方について解説していきます。 また「itemテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【itemテーブル】 ID (id) ※PK 商品名 (name) 価格 (price) カテゴリ (category) 1 商品A 1980 本 2 商品B ...

2021/1/29

【SQL】SELECT AVGの使い方(平均値)

【SQL】指定列の平均値を求める SQLのAVG関数を使うことで、その列の平均値を求めることができます。 AVGの基本構文 SELECT  AVG(列名)  FROM  表名;   本記事では、AVG関数を使用した平均値を求め方について解説していきます。 また「userテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) ※PK 名前 (name) 住所 (address) 年齢 (age) 部署ID (department_id) 10 ...

© 2021 ITを分かりやすく解説