IoT(モノのインターネット)とは

IT用語

2021/3/31

否定論理和(NOR)とは

否定論理和(NOR) 否定論理和(読み:ひていろんりわ)とは、論理演算の1つで2つの与えられた命題のいずれも「偽」のときに「真」、それ以外のときに「偽」となる演算です。 いずれか一方あるいは両方が「真」のときに「真」、いずれも「偽」のときに「偽」となる論理和(OR)を否定(NOT)したのが否定論理和です 論理演算記号では、論理和(OR)の記号「+」と否定(NOT)の記号「¯」を組み合わせて「A+B」のように表記します。 否定論理和のベン図 否定論理和をベン図であらわすと次のとおりです。 ベン図のとおり、A ...

2021/3/30

否定論理積(NAND)とは

否定論理積(NAND) 否定論理積(読み:ひていろんりせき)とは、論理演算の1つで2つの与えられた命題のいずれも「真」のときに「偽」、それ以外のときに「真」となる演算です。 いずれも「真」のときは「真」、それ以外は「偽」となる論理積(AND)を否定(NOT)したのが否定論理積です。 論理演算記号では、論理積(AND)の記号「・」と否定(NOT)の記号「¯」を組み合わせて「A・B」のように表記します。 否定論理積のベン図 否定論理積をベン図であらわすと次のとおりです。 ベン図のとおり、A、Bのいずれも「真」 ...

2021/3/30

排他的論理和(XOR)とは

排他的論理和(XOR) 排他的論理和(読み:はいたてきろんりわ、英語:exclusive or / exclusive disjunction)とは、論理演算の1つで、2つの与えられた命題のいずれか一方のみが「真」のときに「真」、両方「真」や両方「偽」のときは「偽」となる演算です。 論理演算記号では、記号「⊕」を用いて(A⊕B)のように表現します。 例えば サッカーチームに所属している 野球チームに所属している という2つの命題の排他的論理和は「サッカーチームに所属している」あるいは「野球チームに所属して ...

2021/3/30

論理和(OR)とは

論理和(OR) 論理和(読み:ろんりわ、英語:Logical disjunction)とは論理演算の1つで、2つの与えられた命題のいずれか一方あるいは両方が真のときに「真」、いずれも「偽」のときに「偽」となる演算です。 「A または B」と表現し、論理演算記号では(A+B)または(A∨B)という記号を使います。 例えば サッカーチームに所属している 野球チームに所属している という2つの命題の論理和は「サッカーチームに所属している」または「野球チームに所属している」(※両方成り立ってもOK)です。 論理和 ...

2021/3/30

論理積(AND)とは

論理積(AND) 論理積(読み:ろんりせき、英語: logical conjunction)とは論理演算の1つで、2つの与えられた命題がいずれも「真」のときは「真」、それ以外は「偽」となる演算です。 「A かつ B」と表現し、論理演算記号では(A・B)または(A∧B)という記号を使います。 例えば サッカーチームに所属している 野球チームに所属している という2つの命題の論理積は「サッカーチームに所属している」かつ「野球チームに所属している」です。 論理積のベン図 論理積をベン図であらわすと次のとおりです ...

2021/3/21

ド・モルガンの法則とは

ド・モルガンの法則 ド・モルガンの法則とは、次のような式が成り立つという法則のことです。 数学者オーガスタス・ド・モルガン(Augustus de Morgan)という人が発見した法則のため「ド・モルガンの法則」と呼ばれています。 それでは、実際にベン図を使って「ド・モルガンの法則」を説明していきます。 ド・モルガンの法則その1「 A ⋃ B = A ⋂ B 」 まずは「A ⋃ B」をベン図であらわします。 「A ⋃ B」(A または B)のベン図は次のとおり。 この「A ⋃ B」の否定が「A ⋃ B」で ...

2021/3/20

二分探索とは

二分探索 二分探索(にぶんたんさく)とは、探索のアルゴリズムの1つです。 配列やリストのような複数のデータが格納されている箱の中から、目的のデータを探し出すのが探索であり、この探索の代表的なアルゴリズムには「線形探索法」「二分探索法」「ハッシュ法」などがあります。 本記事では、探索対象の配列やリストを「昇順」または「降順」に並び替えて探索する「二分探索」について紹介しています。 スポンサーリンク 二分探索の手順(データが見つかる場合の例) 二分探索は「昇順」または「降順」に並んでいる配列やリストに対して探 ...

2021/3/20

線形探索とは

線形探索 線形探索(せんけいたんさく)とは、探索のアルゴリズムの1つです。 配列やリストのような複数のデータが格納されている箱の中から、目的のデータを探し出すのが探索であり、この探索の代表的なアルゴリズムには「線形探索法」「2分探索法」「ハッシュ法」などがあります。 本記事では、探索のアルゴリズムの中でも最もシンプルな手法である「線形探索」について紹介しています。 スポンサーリンク 線形探索の手順 線形探索は先頭から順に探索していく手法です。目的のデータが見つかる (配列に目的のデータがある場合)または、 ...

2021/3/18

エミュレータとは

エミュレータ エミュレータ(英:emulator)とは、特定のOSやハードウェア向けに開発されたソフトウェアを、本来とは異なる動作環境で疑似的に実行させるソフトウェアやハードウェアのことです。 エミュレータを利用してソフトウェアを動作させることをエミュレーション(英:emulation)といいます。 例えば、スマートフォン(Android)向けのアプリがあるとします。本来はAndroid端末でしか動作しないアプリでも、エミュレータを使用するとWindows上で動かすことができます。 その他にも、MacでW ...

2021/3/16

プログラミング言語とは

プログラミング言語 プログラミング言語とは プログラミング言語(英:programming language)とは、コンピュータに指示を伝えるための言語です。 コンピュータが理解できる言語は機械語です。そのため人間が理解できる「日本語」や「英語」でコンピュータに指示を伝えてもコンピュータは理解することができません。 そこで「コンピュータが理解できる機械語に変換しやすい」かつ「人間にも理解できる」形式で作られたのがプログラミング言語です。 どうせ「機械語」へ変換するなら「日本語」や「英語」を機械語へ変換して ...

© 2021 ITを分かりやすく解説