IoT(モノのインターネット)とは

IT用語

2020/8/6

ASCIIコード(アスキーコード)とは

ASCIIコード(アスキーコード) 文字コードとは コンピュータが扱う最小単位はビット(bit)と呼ばれる「0」と「1」の数値です。そして、ある程度 扱いやすいように、8ビットをひとまとまりにしたバイト(byte)という単位が、コンピュータでは主に用いられています。 このように、コンピュータは「0」と「1」の集まりしか理解できません。コンピュータには「A」という文字は理解できないのです。 スポンサーリンク そこで、コンピュータに「0」と「1」以外の文字を表現させるためのものが文字コードです。 文字コードは ...

2020/8/5

Base64とは

  Base64って何? Base64とは、64種類の文字(アルファベット「 a~z , A~Z 」と数字「 0~9 」、一部の記号「 + , / 」)と末尾の記号「 = 」を用いて一定の規則に基づきデータを変換するエンコード方式(データを他の形式に変換する際の方式)の一つです。 上記図はBase64の変換イメージです。元データをBase64でエンコード(変換)することでBase64の文字列に変換することができます。そして、変換したBase64の文字列はデコード(元に戻す)することで、元のデータ ...

2020/8/4

バイナリデータとは

バイナリデータ(binary data) バイナリデータってなに?テキストデータとの違いは? バイナリデータ(binary data)とは、コンピュータが理解しやすいデータであり、テキストデータ以外のデータのことです。 バイナリデータは、コンピュータが直接的に処理することができるようになっているため、人が読んでも理解することができません。それに対してテキストデータは、人が理解できる内容のデータです。 上記図は、バイナリデータ と テキストデータのイメージ図です。 ポイント バイナリデータ:コンピュータが理 ...

2020/8/3

コンポーネントとは

コンポーネント(component) コンポーネントってなに? コンポーネントは「部品」「成分」「構成要素」などの意味を持つ言葉です。 ITの分野では、ソフトウェアやシステムを構成する部品のことです。ソフトウェア開発では、機能を部品化して開発することがよくあります。 この部品化した「プログラム部品」のことを コンポーネントと呼びます。 コンポーネントは、特定の機能を単体で完結しているが、単体では使用せず、他のプログラムから呼び出されたり、他のプログラムと連結したりして使用します。   プログラム ...

2020/8/2

ライブラリとは

ライブラリ(library) ライブラリってなに? ライブラリ(library)とは、汎用性の高い複数のプログラムを他のプログラムから呼び出して利用できるように部品化したものです。 ライブラリ単体では、動作することはできず(実行ファイルではない)、他のプログラムに機能を提供するコードの集まりです。 上記はライブラリのイメージ図です。ライブラリの中には複数の機能(汎用性の高いプログラム)が入っており、ライブラリを使う側(上記例ではAシステム)は、その機能を呼び出すだけで簡単に使うことができます。 ライブラリ ...

2020/8/2

モジュールとは?ライブラリ、コンポーネントとの違い

モジュール(module) ソフトウェア開発の現場にいると「モジュール」という言葉をよく耳にします。「モジュール」「ライブラリ」「コンポーネント」など、当たり前のように使われている言葉です。 エンジニア同士では、当たり前のように使われている言葉ですが、実際は「モジュールって何?」と検索エンジンで調べたことがあるエンジニアも多いのではないでしょうか。 本記事では、モジュールについて紹介していきます。 スポンサーリンク モジュールって何? モジュールとは、部品を意味する言葉であり、部品単独でも動作することは可 ...

2020/7/30

APIとは

APIとは何? ソフトウェア開発に携わっていると「API」という言葉をよく耳にします。 「API」「インタフェース」「ライブラリ」「モジュール」「コンポーネント」など、ソフトウェア開発の現場では、当たり前のように使われている言葉です。 エンジニア同士では 当たり前のように使われている言葉ですが、実際は「APIってどんな意味?」と疑問に思い、検索エンジンで調べているエンジニアは沢山いるのではないでしょうか。 本記事では、そんな「API」について分かりやすく解説していきます。 スポンサーリンク APIの定義 ...

2020/7/26

インタフェースとは

ソフトウェア開発の現場でよく使われる「インタフェース」ってどういう意味ですか? 2つの物を接続している部分(接点)の意味で使用されている言葉です。 それでは、インタフェースについて詳しく説明してきます。 スポンサーリンク インタフェース(interface) インタフェースとは、ものごとの境界となる部分(接点)を表す言葉です。IF や I/Fと略されて表記されることもあります。 接点、境界面などの意味を持つ英単語であり、物と物を接続するために必要な部分をインタフェースと呼んでいます。 インタフェースは様々 ...

2020/7/26

ボトムアップテストとは

結合テストの種類 ソフトウェア開発では、各工程にあわせて様々な試験が存在します。 モジュール(機能)単体の動作を確認する「単体テスト」、そして 複数のモジュールを繋ぎ合わせて実施する「結合テスト」、最後に全体を確認する「システムテスト(総合テスト)」などがあります。   複数のモジュールを繋ぎ合わせて検証する「結合テスト」には、主に次のようなテスト手法があります。 トップダウンテスト ボトムアップテスト サンドイッチテスト(折衷テスト) ビッグバンテスト スポンサーリンク 結合テストは、複数のモ ...

2020/7/25

トップダウンテストとは

トップダウンテスト(top down test) スポンサーリンク トップダウンテストってなに? トップダウンテストとは、ソフトウェア開発のテスト手法の一つで、上位のモジュール(機能単体)から順に検証する手法です。 結合テストの工程でモジュール間のインタフェースを確認をするために実施します。 複数のモジュールで構成されているソフトウェアの場合、複数のモジュールを一気に繋ぎ合わせて検証すると、問題の発生箇所が特定しにくくなる可能性があります。そこで、すべてを一気に繋ぎ合わせるのではなく、少しずつ繋ぎ合わせて ...

© 2020 ITを分かりやすく解説