UMLとは|UMLの種類

UML

UMLとは|UMLの種類

2020/3/14

UMLとは|UMLの種類を分かりやすく解説

UMLって何ですか? UMLとはソフトウェアの機能や構造をわかりやすく図で表現したモノのことをいいます。 具体的にはどのような図があるのですか? UMLには様々な種類があり、有名なUMLには「ユースケース図」や「シーケンス図」などがあります。 本記事では、UMLの種類について図解を利用して分かりやすく説明しています。 スポンサーリンク UMLとは UML(Unified Modeling Language )とは、主にオブジェクト指向の開発において「データの構造」や「処理の流れ」などをわかりやすくビジュア ...

【UML】クラス図とは | クラス図の書き方と記号

2020/3/11

【UML】クラス図とは | クラス図の書き方と記号

クラス図(class diagram)とは クラス図とは、クラスの定義や関連付けを示す図です。 システムを構成するクラスに定義されている属性(フィールド)や操作(メソッド)を表現し、クラス間がどう関連付けられているかの関係性をあらわします。 スポンサーリンク クラス定義 クラスの定義は以下のような図で定義します。 クラス名 クラス名は以下の形式で記述します。 ※パッケージ名は省略可能です。 パッケージ:クラス名 属性 属性は以下の形式で記述します。 ※フィールド名以外は省略可能です。 可視性 フィールド名 ...

フローチャートの書き方

2020/3/11

フローチャートの書き方 | 分かりやすく図解で解説

フローチャートとは フローチャートとは、処理の流れを分かりやすく図であらわしたモノです。コンピュータはプログラムに書かれたアルゴリズム(作業手順)の通りに動作します。このアルゴリズムを分かりやすく図にしたものがフローチャート(流れ図)です。 上記の例は、商品を選んで購入する簡単なアルゴリズムをフリーチャートで表したモノです。例の通りフローチャートは図を見ただけで、ある程度処理の流れを把握する事ができるメリットがあります。 仕事で開発をしているとフローチャートはよく使用します。特に設計の工程で使用する事が多 ...

ユースケース図の書き方

2020/3/11

ユースケース図の書き方 | 分かりやすく図解で解説

ユースケース図とは ユースケース図とは、利用者視点でシステムがどのように利用されるかを非常にシンプルな図で表したモノです。 上記は販売システムをユースケース図で表しています。販売システムでは、利用者は「商品を購入」、販売者は「商品の登録」と「売上の集計・閲覧」をする事がユースケース図から読み取れます。   顧客の要求をシステム化するにあたり、文章や口頭でのやりとりだけでは認識に齟齬がでる危険性があります。文章や口頭だけではなく分かりやすい図でお互いの認識を合わせることが大切です。この時に利用され ...

シーケンス図の書き方

2020/5/31

シーケンス図の書き方 | 分かりやすく図解で解説

シーケンス図とは シーケンス図とはオブジェクト間のやり取りがどのように流れているのかを時系列で表す図のことをいいます。 上記のシーケンス図の例では、「ブラウザ」「サーバ」「データベース」「外部システム」がオブジェクトです。「ブラウザ」上で商品検索を行うと、オブジェクト間でどのようなやり取りをしているかが、分かりやすく表現されています。これがシーケンス図です。 スポンサーリンク シーケンス図は、設計の工程でよく使われるUML(Unified Modeling Language)です。基本設計の工程では、各サ ...

2020/3/17

超便利フリーUMLツール「draw.io」でユースケース図を作成する方法

ユースケース図とは ユースケース図とは、ユーザー視点でシステムがどう利用されるかを簡単な図で表現したものです。 要件定義のフェーズでは顧客からの要求である「RFP」を現実可能な物にする為に顧客と打ち合わせを重ねながら進めていきます。 補足 RFP(案依頼書)とは、発注企業がシステム開発を行う際に必要な要求をまとめ、発注先の開発会社に具体的な提案を依頼するための資料のこと スポンサーリンク 顧客の要求をシステム化するにあたり、文章や口頭でのやりとりだけでは認識に齟齬がでる危険性があるため、文章や口頭だけでは ...

© 2020 ITを分かりやすく解説