ネットワーク

OSI参照モデル

データリンク層とは

2020/3/12

【OSI参照モデル】データリンク層とは

データリンク層とは データリンク層とは、OSI参照モデルの第二層(レイヤ2)で定義されている層で、その役割は隣接する機器間の通信を可能にすることです。 データリンク層では、データを転送するための機能や手順を提供。そして、データ転送時に発生するエラーの検出方法や、その誤りを訂正する手法なども提供しています。   コンピュータをネットワークに接続する際に一般的に使用するイーサネットは、データリンク層で定義されているプロトコルです。イーサネットを使うことで、イーサネットで定義されているルールに従い通信 ...

【OSI参照モデル】物理層とは

2020/6/16

【OSI参照モデル】物理層とは

物理層とは 物理層とはOSI参照モデルの第一層(レイヤ1)で、上位層から送られてきたデータのビット列を「電気信号」や「光信号」「無線」などに変換するための手段が定義されている層です。 上記図のようにLANケーブルで接続されたコンピュータ同士が通信するためには、「0」と「1」で表現されたビット単位のデータを電気信号に変換する必要があります。また、光通信であれば「光信号」に変換、無線通信であれば「無線(電波)」に変換します。 このようにコンピュータ間でデータの送受信を可能とするために、ビット単位のデータを各信 ...

© 2020 ITを分かりやすく解説