ネットワーク

OSI参照モデル

通信

2020/3/27

トランスポート層のプロトコル一覧

主なトランスポート層のプロトコル 主なトランスポート層で使われるプロトコルは次の通りです。 プロトコル 説明 TCP(Transmission Control Protocol) 信頼性の高い通信を提供するプロトコル UDP(User Datagram Protocol) リアルタイム性を重視した通信を提供するプロトコル TCP(Transmission Control Protocol) TCP(Transmission Control Protocol:トランスミッション コントロール プロトコル)と ...

2020/3/27

アプリケーション層のプロトコル一覧

主なアプリケーション層のプロトコル HTTP(Hypertext Transfer Protocol) HTTP(Hypertext Transfer Protocol:ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)とは、Webサイトを表示する際に使用するプロトコルです。 HTTPの仕組みは、クライアントから「HTTPリクエスト」を送信し、Webサーバが「HTTPレスポンス」を返却する形です。 「HTTPリクエスト」には、「GET」や「POST」のようなメソッドが用意されており、用途に応じて使い分けます。 ...

オフィス

2020/3/10

OSI参照モデルとTCP/IP階層モデルの違い

「OSI参照モデル」と「TCP/IP」の階層モデルの違い スポンサーリンク OSI参照モデルとは OSI参照モデルとは、国際標準化機構(ISO)によって策定されたコンピュータ間で通信するためのモデルです。 国際標準化機構(ISO)が通信を行う際のルールを「OSI参照モデル」に策定したことで、あとは「OSI参照モデル」に従うだけです。ルールが統一されたことで異なるベンダー同士でも問題なく通信することが可能です。 しかし、実際は1977年から1984年にかけて定義された「OSI参照モデル」自体は普及せず「OS ...

ネットワーク

2020/3/11

TCP/IPとは

TCP/IP スポンサーリンク TCP/IPとは TCP/IP(Transmission Control Protocol /Internet Protocol)とは、インターネットを含む多くのコンピュータネットワークにおいて、標準的に利用されている通信プロトコルのセットです。 別名インターネット・プロトコル・スイート(Internet protocol suite)とも呼ばれています。 ネットワークの基本モデルである「OSI参照モデル」が1977年から1984年にかけて国際標準化機構(ISO)により定義 ...

ネットワーク

2020/3/22

OSI参照モデルとは | 分かりやすく図解で解説

OSI参照モデル OSI参照モデルとは、国際標準化機構(ISO)によって策定されたコンピュータ間で通信するためのモデルです。OSI参照モデルは、その役割を7階層に分けて定義しています。 国際標準化機構(ISO)が通信を行う際のルールを「OSI参照モデル」に策定したことで、あとは「OSI参照モデル」に従うだけです。ルールが統一されたことで異なるベンダー同士でも問題なく通信することができます。 しかし、実際は1977年から1984年にかけて定義された「OSI参照モデル」自体は普及せず「OSI参照モデル」だけが ...

Webサイトの閲覧

2020/3/22

【OSI参照モデル】アプリケーション層とは

アプリケーション層 アプリケーション層とは アプリケーション層とは、OSI参照モデルの第7層(レイヤ7)で定義されている層で、その役割は利用者が操作するアプリケーションが提供する機能についての仕様や通信手順、データ形式などを定めることです。 私たちが普段生活する上で当たり前になってきているコンピュータでの操作。例えば Webサイトの閲覧 や 電子メールの送受信、ファイルのアップロードやダウンロードなどの操作が実現しているのは、アプリケーション層がコンピュータと利用者の架け橋となりサービス(通信プロトコル) ...

プレゼンテーション

2020/3/11

【OSI参照モデル】プレゼンテーション層とは

プレゼンテーション層 OSI参照モデルの「プレゼンテーション層」 プレゼンテーション層とは、OSI参照モデルの第6層(レイヤ6)で定義されている層で、その役割はコンピュータ間のデータ形式(文字コードや圧縮、暗号化など)を定義することです。 例えば異なる文字コードを使用していると、文字化けが発生してしまいます。このような文字化けの問題はコンピュータ間で文字コードを統一すれば解決できます。 文字に限らず画像や音楽などもデータ形式を統一する必要があります。このようにコンピュータ間のデータ形式を統一することがプレ ...

開始・終了

2020/3/12

【OSI参照モデル】セッション層とは

セッション層 OSI参照モデルのセッション層 セッション層とは、OSI参照モデルの第5層(レイヤ5)で定義されている層で、その役割はコネクションの確立から切断までの通信の一連の手順を管理(セッションの管理)することです。 セッション層は、上位層であるプレゼンテーション層(レイヤ6)からのサービス要求に応じ、下位層であるトランスポート層(レイヤ4)に対してサービス要求を行います。 ただし、近年ではセッション層のプロトコルが使われる場面は少なくなっており、実際はほとんど使用されていません。 TCP/IP 4階 ...

会話

2020/3/12

【OSI参照モデル】トランスポート層とは

トランスポート層 トランスポート層とは、OSI参照モデルの第4層(レイヤ4)で定義されている層で、その役割はデータ送受信に関しての信頼性の取り決めを行うことです。 ネットワーク層では、IP(Internet Protocol)を使い目的地までデータを届けることが目的でした。IPはコネクションレス型(一方的に送る)のプロトコルの為、信頼性の低いサービスです。 そこで、通信の信頼性(データが正しく渡るための方法)について定めているのがトランスポート層です。 トランスポート層で使う主な通信プロトコルは、コネクシ ...

ネットワーク

2020/3/12

【OSI参照モデル】ネットワーク層とは

ネットワーク層 ネットワーク層とは、OSI参照モデルの第三層(レイヤ3)で定義されている層で、その役割は目的地までデータを届ける(エンド・ツー・エンド)ことです。 OSI参照モデルの第二層(レイヤ2)で定義されているデータリンク層の役割は、隣接する機器間の通信を可能にすることでした。 ネットワーク層では、IPアドレスと呼ばれるインターネット上の住所と、ルーティングと呼ばれる最適経路を導き出す仕組みで、目的地までの経路を導き出す役割を持ちます。 上記は目的地までデータを届けるイメージ図です。 PC1はPC6 ...

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved.