SQL

2021/1/29

【SQL】SELECT MINの使い方(最小値)

SELECT MIN(最小値)の基本構文 SQLのMIN関数を使うことで、その列の最小値を取得することができます。 MINの基本構文 SELECT  MIN(列名)  FROM  表名;   本記事では、MIN関数を使用した最小値を取得する方法を解説していきます。 また「userテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) ※PK 名前 (name) 住所 (address) 年齢 (age) 部署ID (department_i ...

2021/1/28

【SQL】SELECT MAXの使い方(最大値)

SELECT MAXの基本構文 SQLのMAX関数を使うことで、その列の最大値を取得することができます。 MAXの基本構文 SELECT  MAX(列名)  FROM  表名;   本記事では、MAX関数を使用した最大値を取得する方法を解説していきます。 また「userテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) ※PK 名前 (name) 住所 (address) 年齢 (age) 部署ID (department_id) 10 ...

2021/1/27

【SQL】COUNTの使い方(レコード数取得)

COUNTの基本構文 SQLのCOUNT関数を使うと、条件に一致したレコード数を取得することができます。 COUNTの基本構文 SELECT  COUNT(*)  FROM  表名; スポンサーリンク 本記事では、COUNT関数を使用したレコード数を取得する方法を解説していきます。 また「userテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) ※PK 名前 (name) 住所 (address) 年齢 (age) 部署ID (departme ...

2021/1/24

【SQL】ORDER BY句の使い方(並び替え)

ORDER BY句の基本構文 SQLの「ORDER BY」を使えば、抽出したデータをソート(並び替え)することができます。 ORDER BYの基本構文 SELECT  列名  FROM  表名  ORDER BY  列名  [ASC もしくは DESC]; ASC:昇順 DESC:降順 ※ASCは省略可   本記事では、抽出したデータをソート(並び替え)する方法を解説していきます。 また「userテーブル」には、次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID ...

2021/1/23

【SQL】OUTER JOINの使い方(テーブル外部結合)

OUTER JOINの基本構文 SQLの「OUTER JOIN」を使えば、テーブルを外部結合することができます。 左外部結合の基本構文 SELECT 列名 FROM 表名1  LEFT OUTER JOIN  表名2  ON  結合条件; 右外部結合の基本構文 SELECT 列名 FROM 表名1  RIGHT OUTER JOIN 表名2  ON  結合条件; ※OUTERは省略可   本記事では、テーブルの外部結合を行う方法を解説していきます。 また「userテーブル」と「departmen ...

2021/1/23

【SQL】INNER JOINの使い方(テーブル内部結合)

INNER JOINの基本構文 SQLの「INNER JOIN」を使えば、テーブルを内部結合することができます。 内部結合の基本構文(INNER JOIN) SELECT 列名 FROM 表名1  INNER JOIN  表名2  ON  結合条件; また「INNER JOIN」を使わなくてもWHERE句でテーブルを内部結合することもできます。 内部結合の基本構文(WHERE) SELECT 列名 FROM 表名1,  表名2 WHERE  結合条件; スポンサーリンク 本記事では、テーブルの内部結合を行 ...

2021/1/21

【SQL】DISTINCTの使い方(重複データ除外)

DISTINCTの基本構文 SQLのDISTINCTを使うと、重複したデータを除外することができます。 DISTINCTの基本構文 SELECT DISTINCT 列名 FROM 表名 WHERE 条件; スポンサーリンク 本記事では 「DISTINCT」を使い、重複データを除外する方法を解説していきます。 また、下記の「userテーブル」に次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) 名前 (name) 住所 (address) 年齢 (age) 部署I ...

2021/1/21

【SQL】SELECT BETWEEN句の使い方

SELECT BETWEEN句の基本構文 SELECTの条件式に「BETWEE」を使用すると、列(カラム)の値が指定した範囲内に含まれているかどうかという条件式を記述することができます。 BETWEE句の基本構文 SELECT 列名 FROM 表名 WHERE 列名 BETWEE 値1 AND 値2;   本記事では BETWEEN 句を使った条件式の記述方法について解説していきます。 また、下記の「userテーブル」に次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル ...

2021/1/21

【SQL】SELECT IN句の使い方

SELECT IN句の基本構文 SQLのSELECTでIN句を使用すると、指定した複数の値に合致するデータを抽出することができます。 IN句の基本構文 SELECT  列名  FROM  表名  WHERE  列名  IN  ('値1', '値2', ..., 値n); スポンサーリンク   本記事では IN 句を使った条件式の記述方法について解説していきます。 また、下記の「userテーブル」に次のようなデータが格納されていることを前提としています。 【userテーブル】 ID (id) 名前 ...

2021/1/21

【SQL】SELECT LIKE句の使い方

SELECT LIKE句の基本構文 SQLのSELECTでLIKE句を使用すると、対象の列に対して文字列検索を行うことができます。 LIKE句の基本構文 SELECT  列名  FROM  表名  WHERE  列名  LIKE  '検索文字'; LIKE句で部分一致検索を行うには、次のワイルドカードを使用します。 ワイルドカード 説明 % 0文字以上の任意の文字列 _ 任意の1文字 スポンサーリンク 本記事では、下記の「userテーブル」に次のようなデータが格納されている前提で説明しています。 【use ...

© 2021 ITを分かりやすく解説